PR

米トレジャーデータ IoT事業を中心に「トレジャーデータサービス」の導入拡大を目指す

2015年6月6日(土)
Think IT編集部

ビッグデータを基盤にクラウド型のデータマネジメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」を提供する米トレジャーデータ社は6月4日、国内における事業戦略発表会を開催した。

トレジャーデータサービスは、ビッグデータの収集・保存・分析をワンストップで提供するもの。従来までのDWHと比較して短期間で導入できるほか、初期投資費用を低く抑えられる、運用管理に特殊なスキルを必要としないなどのメリットがある。

導入企業の増加は信頼の証し

米トレジャーデータCEO 芳川裕誠氏

発表会では、初めに米トレジャーデータCEOの芳川裕誠氏が登壇し、「この1年の実績と今後の事業戦略」について説明した。まず国内実績としてヤフー、パイオニア、博報堂、良品計画、クックパッド、すかいらーくなどの有名企業が同社のトレジャーデータサービスを導入したことを紹介。「企業に保存されているデータ件数は18兆、1社が保有するサーバー数は最大4,000台、1秒間に保存されるデータ件数が50万と言われる中で、トレジャーデータのビッグデータ処理を信頼していただいた結果だ」と胸を張る。

一方で世界市場における実績では、2015年1月にベンチャーキャピタルより総額1,500万ドル(日本円で約17億7,450万円)の追加投資を受け、主にアジアを中心とした海外版図拡大のためソウルに支社を設置。さらにNasdaq上場企業からCFOを招へいしたほか、グローバルでの人材採用も積極的に行った。これは、トレジャーデータが上場を目指す戦略の一手だ。「海外進出に先立って韓国に支社を設置し、新たなCFOも迎えた。これで成長を加速する準備が整った」(芳川氏)。

日本国内の事業において、トレジャーデータはこれまでデジタルマーケティング領域やアドテク業界、ゲーム業界において広く導入されてきた。これらの実績を足掛かりに今後はIoT分野における事業展開を強化していくという。

芳川氏は「ビッグデータ分析は前段階に手間とコストが掛かり、なかなか始められない。トレジャーデータの領域はこういった企業を手助けすること」とした上で、これからは企業のIT部門ではなく、エンドユーザー部門と直接取引しトレジャーデータサービスのビジネスを推進していくと語った。

トレジャーデータはビッグデータ3大問題の最適解

米トレジャーデータCTO 太田一樹氏

続いて、米トレジャーデータCTOの太田一樹氏が登壇。太田氏は世界最大規模(登録者数1,700人超)とも言える「Hadoopユーザーグループジャパン」の創設者で、ビッグデータ分析・活用に一家言あるエンジニアだ。

太田氏は、トレジャーデータの技術戦略について発表。まず、ビッグデータ活用においては、解決が難しい3大問題があるという。

  • 人材を確保できない(特に非IT系企業)
  • プロジェクトに時間がかかる(投資しにくい)
  • クラウドの初期投資がかさむ

「これらの問題を解決するためにトレジャーデータがある。トレジャーデータサービスは大量のデータをデータ構造に関わらず簡単に収集・分析できるプラットフォーム」であり「世界にひとつだけだと思っている」と強調する(太田氏)。

こういった問題を抱える企業にとって、トレジャーデータがこだわってきたデータ収集のノウハウがマッチした形だ。ビッグデータ分析の現場では、全体の7割にも及ぶ時間がデータ収集に浪費されていた。このようないわゆる「泥臭い」「やりたくない」作業を担い、数分でデータ収集を実現できたことでトレジャーデータの成長がある。

太田氏は「我々は、みなさんがあらゆるデータをトレジャーデータサービスに入れることで、データをさまざまな場所に繋げる『ハブ』としての役割を果たしていきたい」と今後のデータ活用における技術戦略を示して締めくくった。

事業の中心はデジタルマーケティングとIoT

株式会社トレジャーデータ代表取締役社長 三橋秀幸氏

最後に登壇したのは、株式会社トレジャーデータ代表取締役社長の三橋秀幸氏。三橋氏は、トレジャーデータ社が注力するIoT関連事業の展開状況について説明した。

まず三橋氏は、「トレジャーデータがどのような分野であればIoTを有効活用できるかを考え、積極的に推進していきたい」とした上で、次の3つの分野を示した。

  • 新たなマーケティング⇒利用状況の把握、商品企画
  • Quality of Lifeの向上⇒安心・容易・安い・便利
  • 製造現場のカイゼン⇒高効率化、品質向上

三橋氏は、「新たなマーケティング」として、組み込みシステム開発のアットマークテクノ社と協業し、ログ収集ツール「Fluentd」を組み込んだIoTゲートウェイと連携してセンサーデータをトレジャーデータサービスに集積するソリューションを紹介。このほかにも、センサーデータを活用した3Dプリンターの予防保守、回転数の実績値を分析して風力タービンの予防保全を行う事例などを紹介した。

「今後も国内ユーザー企業へ導入支援を強化していくとともに、できる限り先進企業の事例を公開してマーケティングを推し進めていきたい」(三橋氏)としている。

Hadoopの牙城を崩すか!? リクルートグループの導入を発表

発表会の最後に、6月4日付で株式会社リクルートライフスタイル、株式会社リクルートマーケティングパートナーズ、株式会社ブログウォッチャーの3社が新たにトレジャーデータサービスを導入したことが発表された。

リクルートグループは、ビッグデータの分野でHadoopによる運用・管理を自社で行ってきたことで有名だ。その中で一部とは言えグループ企業でトレジャーデータサービスが導入されたことは、大きな一歩を記したと言えるだろう。

株式会社リクルートライフスタイル、株式会社リクルートマーケティングパートナーズ両社は、トレジャーデータサービスを採用した理由として「大量のデータを収集・保管しながら、利用者の要件の多様性にも柔軟に対応し、短期間でのデータ分析が可能なトレジャーデータサービスの特徴を高く評価した」としている。

また同日、トレジャーデータサービスのユーザー会の発足も発表され、上記リクルートグループ3社の導入事例などが紹介された。

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

運用監視イベント

AppDynamics、2回目のユーザーカンファレンスで垣間見えた理想と現実

2015/12/15
アプリモニタリングのAppDynamics、2回目となるカンファレンスを開催。
開発ツールイベント

EMC、スケールアウトストレージの元祖、IsilonのエントリーモデルにSDSを追加

2015/11/30
EMC、スケールアウトストレージのIsilonのエントリーモデルにSDSを投入。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています