PR

10/10開催 Apache Hadoop 3.0 / Metron最新動向「Data Platform Conference Tokyo 2017」

2017年9月5日(火)
鈴木 教之(Think IT編集部)

株式会社インプレスとホートンワークスジャパン株式会社がホストとなり、データ駆動型ビジネスの実現に向けたイベント「Data Platform Conference Tokyo 2017」が10月10日に都内で開催される。IoT / クラウド / AI(人工知能)といった注目技術を利用してビッグデータを活用するためのソリューションや、データ活用に対する数々のユーザー事例が紹介される。

注目は、HortonworksキーマンによるApache Hadoopの最新バージョン3.0の解説や、セキュリティ分析分野で注目されているApache Metronの紹介などがあげられる。また、ビジネス導入を検討しているユーザーにとっては、三菱ふそうトラック・バス、LIXIL、リクルートテクノロジーズといった国内大手企業の活用事例がきっと役に立つはずだ。

Data Platform Conference Tokyo 2017開催概要
名称:Data Platform Conference Tokyo 2017
会場:赤坂インターシティコンファレンス
日時:2017年10月10日(火)10:00~18:30(受付開始時間 9:30~)
主催:株式会社インプレス 
共催:ホートンワークスジャパン株式会社 
対象者:IT マネージャー、データエンジニア、データアーキテクト、データサイエンティスト、ディシジョンメーカー など
参加費:無料 (事前登録制)
著者
鈴木 教之(Think IT編集部)
株式会社インプレス Think IT編集グループ 編集長

Think ITのX代目編集長。新卒第一期としてインプレスグループに入社して以来、調査報告書や(紙|電子)書籍、Webなどさまざまなメディアに編集者として携わる。Think ITの企画や編集、営業活動に取り組みながら、プログラミングやWebマーケティングに関する書籍も手がけている。OSSのRe:VIEWとプリントオンデマンド技術を活用したThink IT Booksシリーズを展開するなど、プラットフォームやビジネスモデルへの関心も高い。

連載バックナンバー

プロジェクト管理イベント

デベロッパー広報?のためのカンファレンス、DevRelCon開催

2017/9/22
デベロッパーリレーションに特化したカンファレンスが開催され、GitHubやマイクロソフト、LINE、日本IBM、Slackなどからデベロッパーを支援するセッションが行われた。
仮想化イベント

GPUとOpenStackのホットな関係が紹介された日本仮想化技術(株)の技術セミナー

2017/9/19
日本仮想化技術株式会社が定例のOpenStack技術セミナーを実施。OpenStackからGPU、コンテナーの活用についてNVIDIA、NTTコム、サイバーエージェントなどのセッションが行われた。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています