PR

「GitHub」の日本法人を設立し企業向けに本格展開、Appleが「Swift 2.0」をオープンソースに、ほか

2015年6月12日(金)
吉田 行男

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

本格的な梅雨の訪れで、雨の日が多くなってきました。今年は昨年夏から続くエルニーニョがさらに強まる傾向があるようで、その影響で梅雨明けが遅くなる可能性があるといわれています。いやな時期は早く終わってほしいものですが、今年はそううまくいかないようです。

今週も注目すべきトピックをまとめましたので、ゆっくりとご覧下さい。

開発者に人気の「GitHub」日本法人設立、企業向け本格展開

6月4日、ソフトウェア開発共有サービス「GitHub」を手がける米国GitHub社は、初の海外支社である日本支社「ギットハブ・ジャパン合同会社」の設立を発表しました。「GitHub.com」は、ソフトウェアのソースコードリポジトリとして、コードの共有/公開やバージョン管理、開発者間のレビュー、コラボレーション機能などを備えたWebサービスで、ソフトウェア開発者だけでなく、ITエンジニアやWebデザイナーの共同作業にも利用されており、現在、全世界で約970万のユーザに使用されています。企業ユーザ向けには、2012年からオンプレミス環境で「GitHub」をホスティングできるソフトウェア製品である「GitHub Enterprise」も提供しています。日本でもすでにヤフージャパンや日立システムズ、サイバーエージェント、グリーといった大手企業が導入しています。

(参照記事:http://ascii.jp/elem/000/001/015/1015751/

PostgreSQLを透過的に暗号化するソフト、NECがオープンソース版を公開

6月5日、NEC社はPostgreSQLに格納するデータを透過的に暗号化するソフト「Transparent Data Encryption for PostgreSQL」(TDE for PG)を開発し、オープンソース版「Free Edition」をGitHubで公開しました。今回NEC社は、PostgreSQLにデータ暗号化の機能を組み込むライブラリーモジュールを開発し、暗号化のための専用のデータ型を用意しています。テーブル作成時に列(カラム)のデータ型としてこれらを指定することにより、データベースクライアントからは暗号化を意識することなくSQLでデータにアクセスできるようになります。対応している暗号化アルゴリズムはAES128またはBlowfishになります。

(参照記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/060501900/

企業におけるデータ活用のハブ的存在をめざす――。トレジャーデータ、2015年度事業戦略を発表

6月4日、トレジャーデータ社は2015年度の事業戦略を発表しました。今後はデジタルマーケティングおよびIoT市場に、より注力していく方針を明らかにしました。2011年にシリコンバレーで創業したTreasure Data社は、クラウド上に構築されたHadoop環境に生データを集約し、データの保管から分析までをワンストップで提供するデータマネジメントサービス「Treasure Data Service(TDS)」を主力事業としています。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20150605_705588.html

コンテナ開発機能を強化した「Red Hat Software Collections 2」がGAに

米国Red Hat社は、6月4日にRed Hat Enterprise Linux(RHEL)の追加ソフトウェアパッケージスイートの最新版となる「Red Hat Software Collections 2」の一般提供版(GA)を発表しました。このパッケージスイートは、RHEL 6および7、Red Hat Enteprise Linux Atomic Host、OpenShift上でのアプリケーション開発に利用でき、Web開発ツール、動的言語、データベースといったオープンソースソフトウェアを含むRHEL向けのパッケージ集です。最も大きな特徴は、プログラミング言語において異なる複数のバージョンを利用できるようになった点で、開発者は、特定のバージョンを選択し、開発作業を標準化することができます。

(参照記事:http://osdn.jp/magazine/15/06/10/153000

Apple、プログラミング言語「Swift 2.0」をオープンソースに

6月8日、米国Apple社は年次開発者会議であるWWDC 2015の基調講演において、プログラミング言語「Swift」の新版「Swift 2.0」を発表し、オープンソースで今秋にリリースすることも合わせて発表しました。具体的なライセンスなどの詳細は、リリースが近くなってから発表するとしています。「Swift 2」は、iOS、OS X、watchOS向けのアプリを開発するための言語です。オープンソース化するとしているのは、iOS、OS X、Linux向けのコンパイラと標準ライブラリです。

(参照記事:http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1506/09/news066.html

編集後記

今週は、米国で『Hadoop Summit』やアップル社の『WWDC 2015』など、注目のイベントが開催されています。さすがに出張するわけにもいかず、Webの記事などを参考に最新情報を入手しているわけですが、本当は現地に出張し、熱気を肌で感じることが大事なので、できるだけ出かけるようにしたいと思っています。ですが、これも『次は』という思いだけでまた終わったしまいそうです。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています