PR
この連載が書籍になりました! Drupal 8初の日本語解説書『Drupal 8 スタートブック』好評発売中です。

【Drupal 8入門】コンテンツの翻訳と多言語設定(前編)

2016年9月15日(木)
ANNAI株式会社

コンテンツの言語と翻訳の設定

ここでは、サイト内のどのデータを翻訳可能にするのかの設定を行います。Drupalでは「コンテンツタイプ」、「ブロック」、「メニュー」、「タクソノミー」、「ユーザー」など、さまざまな種類のデータが存在します。ここでは、これらのそれぞれのデータのデフォルト言語の設定や翻訳可能にするか否かの設定を行います。

1.管理者メニューの「環境設定」をクリックして、「環境設定」画面の「地域と言語」セクションの「コンテンツの言語と翻訳」リンクをクリックします。

image alt text


2.「コンテンツの言語」画面で、「言語のカスタム設定」の「コンテンツ」、「カスタムブロック」、「カスタムメニューリンク」、「タクソノミーターム」にチェックを入れます。すると、チェックを入れた要素に関する設定画面が開きます。

image alt text


3.「コンテンツ」セクションで、「新着情報」、「基本ページ」、「製品紹介」のチェックボックスにチェックを入れます。

image alt text

チェックボックスをいれると、さらに詳しい項目が開きます。全ての項目にチェックが入っている状態でかまいません。


4.「カスタムブロック」セクションで、「基本ブロック」のチェックボックスにチェックを入れます。同様にすべての項目にチェックを入れます。

image alt text


5.「カスタムメニューリンク」セクションでも同様に「カスタムメニューリンク」にチェックを入れます。

image alt text


6.「タクソノミーターム」セクションでは、「製品カテゴリ」と「タグ」のチェックボックスにチェックを入れ、「設定を保存」ボタンをクリックします。これで、翻訳を追加するための設定は完了しました。

image alt text

「言語スイッチャー」ブロックを配置する

サンプルサイトのトップページをご覧ください。「言語を選択」というブロックが表示されています。ここには、「Japanese」と「English」2つの言語へのリンクがあります。「English」をクリックすると、サイトの表示が英語に切り変わります。ここでは言語を切り替えるためのブロックを配置します。

image alt text

image alt text


1.管理者メニューの「サイト構築」をクリックし、「サイト構築」画面の「ブロックレイアウト」リンクをクリックします。

image alt text


2.「ブロックレイアウト」画面で「Right Sidebar」リージョンの「ブロックを配置」ボタンをクリックします。

image alt text


3.「ブロックを配置」ウィンドウが開きます。「言語スイッチャー」ブロックの「ブロックを配置」ボタンをクリックします。

image alt text


4.「ブロックの設定」ウィンドウが開きます。「タイトル」に「言語を選択」と入力、「閲覧の制限」セクションの「ページ」タブをクリックし、「ページ」に「/product*」と入力し、下のラジオボタンの「一覧にあるページで非表示」にチェックを入れて、「ブロックの保存」ボタンをクリックします。

image alt text


5.「ブロックレイアウト」画面の「Right Sidebar」リージョンの一番上に「言語を選択」ブロックを移動して、画面下の「ブロックの保存」ボタンをクリックします。

image alt text


6.同様に製品紹介ページにも同じブロックを配置します。「Left Sidebar」リージョンの「ブロックを配置」ボタンをクリックします。

image alt text


7.「ブロックを配置」ウィンドウが開きます。「言語スイッチャー」ブロックの「ブロックを配置」ボタンをクリックします。

image alt text


8.「ブロックの設定」ウィンドウが開きます。「タイトル」に「言語を選択」と入力、「閲覧の制限」セクションの「ページ」タブをクリックし、「ページ」に「/product*」と入力し、下のラジオボタンの「一覧にあるページで表示」にチェックを入れて、「ブロックの保存」ボタンをクリックします。

image alt text


9.「ブロックレイアウト」画面の「Left Sidebar」リージョンの一番上に「言語を選択」ブロックを移動して、画面下の「ブロックの保存」ボタンをクリックします。

image alt text


10.ブロックが表示されているのを確認します。現在は翻訳が入力されていないので、言語の切り替えを行っても特に変化はありません。

image alt text

image alt text


ANNAIは、2009年からDrupal専門のWebシステム開発会社として、世界規模で展開するグローバル企業や大学・自治体を中心に数多くのWebソリューションを提供。
CoreやModuleのコントリビューターなど、Drupalエキスパートが多数在籍。国内ユーザーコミュニティへも積極的にコミットし、定期的なセミナーの等の開催を通じて、オープンソース技術の普及や海外コミュニティとの緊密な連携を図っている。
Webシステムの企画・開発〜デザイン、クラウド運用までをワンストップで提供する他、Drupalのコーディングを評価する"Audit業務"や最適なモジュールの調査・選定等、幅広いコンサルティングを行っている。Drupalアソシエーション公式パートナー。
https://annai.co.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています