PR

次世代データセンターネットワークのアーキテクチャー

2010年2月16日(火)
小宮 崇博

リソース結合ネットを広域へ拡張

リソース・エリア・ネットワークはレイヤー2ネットワークであり、本質的には局所的なネットワークである。この一方、性能の観点では不利であるものの、災害対策やマイグレーションには広域接続も必要である。

レイヤー2ネットワークを広域接続する技術には、以下のものがある。いずれにせよ、カプセル化/トンネル化することになる。

(1)レイヤー3へのカプセリング
(2)MPLSを使用したトンネリング
(3)PB/PBBを使用したトンネリング

(1)レイヤー3へのカプセリングでは、特にIP(Internet Protocol)を使ったカプセル化を想定している。IPによるカプセル化の標準にはEtherIP(RFC 3378)などがあるが、レイヤー2ベースのフラットなネットワークを効率よく構成するにはベンダー固有の拡張があった方がいい場合もある。

データセンターにはFCやInfiniBandのようなプロトコルもあるので、それぞれのプロトコル・ゲートウエイも必要になる。また、必須というわけではないが、カプセル化にIPを用いる場合、IPルーターの冗長化も重要になる(図3-1)。ここでも、ベンダー固有の技術が生きる。例えば、サーバー仮想化環境を想定する場合、標準のVRRPではなく、BrocadeのVRRP-eを使う方が効率がよい。

(2)MPLS(VLL/VPLS)を使用したトンネリングは、IPの代わりにMPLSを使う。自営のネットワークでなければ構成が難しいが、さまざまなプロトコルの疑似ワイヤーを構成できるので便利である。Brocadeではエントリ製品でもMPLSを利用できるものがあるので、決して高価な技術ではない。

(3)PB/PBB(Provider Bridge/Provider Backbone Bridge)を使用したトンネリングは、データセンター・プロトコルがEthernetで統合されている場合に有効である。プロトコル単位/システム単位にVLANを設定することで構成できる。

将来のデータセンター・ネットワークの構成

ここまで、リソース結合のためのデータセンター・ネットワークの要件と技術について解説してきた。最後に、データセンター・ネットワークの参考構成を示したい(図3-2)。

この構成は、近い将来日本でも普及するCEE(Converged Enhanced Ethernet)ベースのインフラである。図3-2で示した構成とそっくり同じものは、今日現在の技術ではまだ構築できない。というのも、さまざまな要素技術がいまだに標準化の途上にあるからである。

次回は最終回である。次世代データセンター・ネットワークに向けたBrocadeの技術と製品ロードマップを解説する。

ブロケードコミュニケーションズシステムズ
UNIXサーバメーカや運用管理ソフトウェアメーカでSEを勤め、2001年からブロケードに所属。主にFC-SANスイッチのプリセールスに携わり、2008年からは新技術、新製品の開発などの日本での技術サポートを行なう。現在は、ソリューション・マーケティングとして、FC-SANだけではなく、LAN/WANやI/O仮想化なども含めた広範なネットワークソリューションの提供に向け活動をしている。個人的にもストレージエリアネットワーク啓蒙のためのメーリングリストを主催している。
http://groups.yahoo.co.jp/group/san-tech/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています