PR

レポーティング機能を使う

2010年3月19日(金)
川西 修司

レポート・デザイナ、メタデータ・エディタのインストールと起動

Pentahoレポート・デザイナ、Pentahoメタデータ・エディタをインストールして、起動してみましょう。

第1回で解説したように、エンタープライズ・エディション(EE)はインストーラを用いてインストールできるので、手動でインストールする必要はありません。一方、コミュニティ・エディション(CE)では、手動で入手してインストールする必要があります。

レポート・デザイナ、およびメタデータ・エディタは、SourceForgeの「Report Designer」メニュー、および「Pentaho Metadata」メニューからダウンロードできます。ファイル名にstableが付いた安定したバージョンをダウンロードすることをお勧めします(ここでは、3.5.0-stableで説明します)。インストールは、ダウンロードしたzip(Unix系はtar.gz)ファイルを解凍すれば完了です。

インストールが完了したら、レポート・デザイナ、およびメタデータ・エディタを実行します。

レポート・デザイナは、解凍したreport-designerフォルダ以下の「report-designer.bat」(Unix系は「report-designer.sh」)を実行すると起動し、ようこそ画面が表示されます(図2-1)。メタデータ・エディタは、解凍したmetadata-editorフォルダ以下の「metadata-editor.bat」(Unix系は「metadata-editor.sh」)を実行すると起動します(図2-2)。

レポート・デザイナでレポートを作成する

それでは、第2回で作成したサンプルのデータ・ウエアハウスを使って、レポート・デザイナで簡単なレポートを作成しましょう。今回は、レポート・ウィザードでレポートを作成する手順を解説します。

レポートデザインウィザードでレポートを作成

  1. 図2-1のようこそ画面でReport Wizardを選択します。
  2. 任意のテンプレートを選択して「Next」をクリックします。
  3. Data sourceを追加します。
    1. 「+」をクリックします。今回は、JDBCで接続するのでJDBCを選択します。
    2. Connectionsの「+」をクリックし、サンプルのデータ・ウエアハウスへの接続を設定します。
      ※JDBCドライバがなく接続できない場合は、/report-designer/lib/jdbcにドライバを追加してください。
    3. Available Queriesで「+」をクリックし、任意のQuery Nameを設定します。
    4. Queryの「+」をクリックし、Query Designerでは、図2-3のように設定します。
    5. プレビューで確認して「OK」をクリックし、画面を閉じます。
  4. 追加したData Sourceを選択し、「Next」をクリックします。
  5. グルーピングする項目と表示する項目を設定します。Group Itemに「Store」「Category」「Item」の順に追加し、Selected Itemsに「Sales_Date」「Sales」を追加します。プレビューで確認し、「Next」をクリックします。
  6. 表示フォーマットと集計方法を設定します。DetailsのSales_DateのDate Formatを「yyyy/MM/dd」に入力し、SalesのDate Formatに「#,###;(#,###)」を選択、Aggregationに「Sum」を選択します。
  7. プレビューで確認し、Finishをクリックするとレポートが作成されます。
  8. プレビューで日本語が文字化けしていたので修正します。構造のMaster Reportを選択し、Styleのfontを「MS ゴシック」などの日本語表示可能なフォントに変更します。Inheritにチェックがあるため、構造のMaster Reportを変更すると、以降の階層すべてに設定が継承されます。
  9. プレビューすると日本語で表示されていることが確認できます(図2-4)。

次ページでは、作成したレポートをBIサーバーへ公開してみます。

株式会社KSKソリューションズ
2006年KSKソリューションズ設立メンバーの1人。エンジニアとして主にオープンソースBI Pentahoを利用したBIシステムの構築に従事する。Pentaho日本語サイト(http://www.pentaho-partner.jp/)の運営やツールの日本語化、導入からサポート、トレーニングなど活動は幅広い。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています