PR

レポーティング機能を使う

2010年3月19日(金)
川西 修司

BIサーバーへの公開

作成したレポートをBIサーバーのユーザー・コンソールで表示するには、まずはBIサーバーのパブリッシュ・パスワードの設定が必要です。パブリッシュ・パスワードの設定については、第1回の3ページの「BIサーバーの設定」で解説しています。

パブリッシュ・パスワードの設定が完了した、もしくは、既に設定されている場合は、BIサーバーのユーザー・コンソールを起動します。コミュニティ・エディション(CE)の場合は「/biserver-ce/start-pentaho.bat」(Linuxの場合は「start-pentaho.sh」)を実行します。

次に、レポート・デザイナでパブリッシュを行います。

  1. Fileメニューから「パブリッシュ」を選択します。
  2. Loginダイアログに必要な情報を入力し、「OK」をクリックします。コミュニティ・エディション(CE)の場合は、URLに「http://localhost:8080/pentaho/」、User/Passwordに「joe/password」を設定、エンタープライズ・エディション(EE)の場合、URLのポートに「18080」、User/Passwordは管理者ユーザーのIDとパスワードを入力します。
  3. レポート名称や保存先、出力タイプを設定します。Report NameやReport Descriptionは任意(2バイト文字以外)で設定、Locationに出力先を選択します。Output Typeに「html」を選択し、Publish Passwordにパブリッシュ・パスワードを設定します。
  4. 「OK」をクリックします。成功すると、Publish Successfulダイアログが表示されますので、すぐに表示する場合は「はい」をクリックします。
  5. ブラウザでユーザー・コンソールを表示し、パブリッシュしたレポートを表示します(図3-1)。表示されない場合は、表示をリフレッシュします。

今回、レポート・ウィザード機能でテンプレートを使ってレポートを作成しましたが、新規作成では、自らレポートのフォーマットをデザインできます。また、プロンプト画面にパラメータを設定することによって、動的なレポートやドリルダウン可能な分析レポートといったインタラクティブなレポートの作成が可能です。

メタデータ・エディタとアドホック・レポート

最後に、もう1つのツール、メタデータ・エディタとアドホック・レポートの使い方について解説します。Pentahoメタデータは、セキュリティ情報を設定することによってユーザー/ロールごとの制御も可能ですが、今回は設定なしで進めます。

メタデータ・エディタでPentahoメタデータを作成

  1. 新規の接続を作成します。ファイル・メニューから新規の接続を選択し、サンプルのデータ・ウエアハウスへの接続を設定します。テーブル・インポートでは、表示されるすべてのテーブルをインポートします。
  2. ロケールに日本語を追加します。右のパレットのロケール・タブを選択し、コードに「ja_JP」、説明に「Japanese(Japan)」、オーダーに「1」、アクティブに「Y」を入力して「変更を適用」をクリックます。
  3. ビジネス・モデルを作成します。グラフィカル・ビュー・タブを選択し、接続のそれぞれのテーブルをグラフィカル・ビューにドラッグ&ドロップします。最初のテーブルをドロップした時に限ってビジネス・モデル設定画面が表示されるので、名称を任意で設定して「OK」をクリックします。ビジネス・テーブル・プロパティ画面も、名称を任意で設定して「OK」をクリックします。
  4. リレーションシップを作成し、ファクト・テーブルとディメンジョン・テーブルを関係付けます。リレーションシップを右クリックするか、関係付けるテーブルを選択して右クリックし、新規リレーションを追加します。リレーションシップ・プロパティ画面では、テーブルを選択し、「推測」ボタンをクリックするか手動で接続フィールドを設定します。リレーションシップは、ファクト対ディメンジョンが「N対1」となるよう設定し、Join typeをInnerに設定して「OK」をクリックします。
  5. ビジネス・ビューを作成します。ビジネス・ビューを右クリックし、「カテゴリー管理」を選択します。カテゴリ管理画面では、すべてのテーブルをビジネス・ビュー・カテゴリに設定し、画面を閉じます(図3-2)。
  6. BIサーバーへ公開します。まずはBIサーバーのユーザー・コンソールを起動します。ドメインを保存して、メニューの「サーバーへパブリッシュ」を選択します。ロケーションは、BIサーバーのpentaho-solutionsフォルダ配下の場所を指定します。URLは、「http://localhost:8080/pentaho/RepositoryFilePublisher」(EEの場合、URLのポートに18080)、パスワード、ユーザーID/パスワードを設定して「OK」をクリックします。
  7. パブリッシュが成功したら、ユーザー・コンソールで確認します。新規レポートを選択するとパブリッシュしたビジネス・モデルが表示されていることが確認できます(図3-3)。

それでは、アドホック・レポートでアイテムを選択し、カスタマイズ、レポート設定を行って自由にレポートを作成してみてください。ストア、カテゴリごとに日付、アイテムとセールスを表示したレポートの例が図3-4です。

次回は、Pentaho OLAP分析について解説します。

株式会社KSKソリューションズ
2006年KSKソリューションズ設立メンバーの1人。エンジニアとして主にオープンソースBI Pentahoを利用したBIシステムの構築に従事する。Pentaho日本語サイト(http://www.pentaho-partner.jp/)の運営やツールの日本語化、導入からサポート、トレーニングなど活動は幅広い。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています