PR

PHPUnitによるテスト:応用編

2010年4月28日(水)
伊丹 久兼

PHPUnitでのテスト応用編

 これまで、PHPUnitのフレームワークを利用したテスト・プログラムの書き方や、コンソールから phpunitコマンドを実行してテストする方法を説明してきました。今回は、PHPUnitをより有効に活用する方法について紹介したいと思います。

 具体的には、下記の3つの方法を順に説明します。

(1)NetBeans IDEを使った単体テスト
(2)Xdebugを使ったコード・カバレージの測定
(3)Selenium RCを使ったブラウザ・テストの自動化

NetBeans IDEを使った単体テスト

 「NetBeans IDE」は、マルチ言語、マルチプラットフォームの統合開発環境(IDE)です。米Sun Microsystemsとオープンソースのコミュニティによって開発されており、無償で利用することができます。もともとはJavaの開発環境だったの ですが、次第に他の言語での開発にも使用できるようになり、バージョン6.1からPHPに対応し、バージョン6.7からはPHPUnitでの単体テスト機 能も組み込まれるようになりました。

 NetBeans IDEは、プロジェクトのダウンロード・ページ(http://netbeans.org/downloads/) から入手できます。最新版(2010年4月現在)はバージョン6.8で、PHPだけをサポートしたバンドル・パッケージも配布されています。

 インストール手順や、PHPプロジェクトの作成手順については、プロジェクトのドキュメントやNetBeansのヘルプを参照してください。これまで本 連載で作成してきたテストを実行させたときの画面が、図1-1になります。

 画面右下の「テスト結果ウインドウ」に、実行したテストの結果がグラフィカルに表示されています。この画面イメージはすべてのテストをまとめて実行した 際の表示ですが、画面左の「プロジェクト・ウインドウ」を選ぶことで、選択したファイルを個別にテストすることも可能です。

 また、コンソールからphpunitコマンドを実行した時のように、テスト対象のソース・ファイルからテスト・ケースのひな型を生成させることもGUI 上で行えます。「出力ウインドウ」では、おなじみのテスト実行結果も確認できます。

 PHPのIDEには、ほかにも「Eclipse PDT」(http://www.eclipse.org/pdt/) や、「Zend Studio」(http://www.zend.co.jp/product/zendstudio7.html) などがあります。いずれもPHPUnitとの連携が実現されているようです。

 次のページでは、NetBeansとXdebugを使ったコード・カバレージの調べ方について紹介します。

PCIアイオス株式会社

テンアートニ(現サイオステクノロジー)、ゼンド・ジャパンなどを経て現在、PCIアイオスに勤務。これまでに組込み開発からWebシステム開発まで幅広く開発を経験。現在は、オープンソースソフトウェアを利用したシステムの開発、運用、パフォーマンスチューニングを担当。特にLAMP(Linux/Apache/MySQL/PHP)環境を得意とする。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています