PR

グーグルからVRにとって不可欠な「音」をサポートする立体音響ツールが登場

2017年11月13日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

今週は、グーグルが立体音響ツールを公開したとのニュースが報じられました。立体音響はVR内において、没入感を損なわせないために必要な技術となっています。そのため、多くの企業が研究する分野でもあります。日本ではCRIがゲーム開発向けのミドルウェアとして研究・開発しているほか、NECがAR向けの立体音響として開発を進めています。

今回グーグルが公開した独自の立体音響ソフトウェア開発ツールによって、この技術を活かしたVR体験の発展が期待されます。

VRにとって不可欠な音をサポート グーグルが立体音響ツールを公開

11月6日、グーグルは独自の立体音響ソフトウェア開発ツールである「Resonance Audio」をリリースしました。これは立体音響を用いたVR/ARコンテンツ開発を可能にするもので、モバイル・デスクトップ両方のアプリ制作に対応しています。

現在ソフトウェア開発者キットが公開されており、同社の公式サイトからダウンロードが可能です。

Resonance Audioは複数のプラットフォームに対応し、立体音響を用いたアプリを従来よりも簡単に開発できるようになります。Android、iOS、Windows、macOS、Linuxをサポートしており、Unity、Unreal Engine、FMOD、WwiseやDAWに統合して使用できます。またC/C++、Java、Objective-Cといったプログラミング言語や、ウェブ用のネイティブAPIも提供されています。

本ニュースの詳細はこちら:
VRに不可欠な“音” グーグル、立体音響ツールを公開
http://www.moguravr.com/google-vr-resonance-audio/

VR無線化キット「TPCAST」、Oculus Rift対応版の予約が英国で始まる

中国のTPCAST社が開発中のHTC Vive無線化キット「TPCAST」が、2017年10月にOculus Riftにも対応すると発表されました。そのOculus Rift対応の「TPCAST」は2017年第4四半期内の出荷を予定しており、現在イギリスのリテールサイトOverclockers ULにて予約を受け付けています。

HTC Vive対応の「TPCAST」はすでに中国、アメリカ、ヨーロッパでの予約受付が始まっているほか、日本でもアスクが同デバイスの取り扱いを発表しています。日本での発売は2018年2月を予定しており、価格は3万円台後半になるとのことです。

本ニュースの詳細はこちら:
VR無線化キット『TPCAST』Oculus Rift対応版を英国で予約開始
http://www.moguravr.com/tpcast-oculus-rift-2/

有機ELを使ったサムスンのプレミアMRヘッドセット、一部地域で発売

サムスンはアメリカや中国などの数地域で、Windows Mixed Realityに対応したヘッドセット(MRヘッドセット)「Samsung Odyssey」の発売を開始しました。価格は500ドル(約5.7万円)。

本ヘッドセットは他のMRヘッドセットと異なり、ディスプレイに有機ELを採用しているなど、特徴のあるMRヘッドセットとなっています。

本ニュースの詳細はこちら:
有機EL使用 サムスンのプレミアMRヘッドセット、一部地域で発売
http://www.moguravr.com/samsung-mr-headset-2/

EAが「タイタンフォール」の開発企業を買収 VRゲームを開発中

アメリカの大手ゲーム販売会社エレクトロニック・アーツは、「タイタンフォール」シリーズの開発企業であるRespawn Entertainmentを買収する計画を明らかにしました。

今回の買収にかかる費用は最大で4億5,500万ドル(約515億円)です。内訳は、1億5,100万ドル(約171億円)をキャッシュで、1億6,400万ドル(約186億円)を従業員への長期保有株式として、そしてタイトル売り上げに応じて支払われるインセンティブとして、最大1億4,000万ドル(約160億円)となっています。

Respawn Entertainmentは今回の買収に関し「より長期的なゴールを達成するためのものであり、財政的な問題が原因ではない」と述べています。また買収に伴う従業員の解雇や、社内の組織編成の変更もないと発表しています。

同社は今年10月のOculus Connect4にて、現在VRゲームを開発中であることを明らかにしています。開発中のタイトルはOculus Riftに対応しており、Oculusがパブリッシャーとなる予定です。開発中のゲーム内容に関しては、名称も含めて未公表となっています。

本ニュースの詳細はこちら:
EAが『タイタンフォール』開発企業を買収 VRゲームを開発中
http://www.moguravr.com/respawn-entertainment-purchase-vr/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第154回

PS5は2020年末発売、触覚技術を搭載し没入感をさらなる高みへ

2019/10/15
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第153回

Oculus、広視野角で小型軽量なVRヘッドセットのプロトタイプ公開

2019/10/7
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/AR
第152回

フェイスブック、一体型VRHMD「Oculus Quest」にハンドトラッキング等アプデを発表

2019/9/30
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています