PR
連載 [第88回] :
  週刊VRウォッチ

ARに注力するアップル、機能強化、新フォーマット、AR体験のシェアなど発表

2018年6月11日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週はアップルの開発者カンファレンスWWDC(Worldwide Developers Conference)が開催され、多くの新発表が行われました。デバイスの発表こそありませんでしたが、iOS12へのアップデート等が明らかにされました。

このカンファレンスでは、iOSに搭載されているAR機能「ARKit」のアップデートが発表されています。ピクサーやAdobe、Autodeskらの参加するAR向けの新フォーマット「USDZ」、オフィシャルなARメジャーアプリ、AR体験のシェアなどが強調されています。

VR内で他プレイヤーとコミュニケーションが取れる「VRChat」や、Oculus Goで友人や見知らぬ人とも講演視聴やスポーツ観戦ができる「Oculus Venues」など、ソーシャルVRの潮流が生まれつつある中、アップルが注力しているARでも「シェアする」ことに軸足が置かれ始めているのは興味深いものがあります。今後の動向にも注目です。

100ドル謳う高性能ARデバイスNorth Starの設計図公開

米Leap Motion社は、3月に発表していたARヘッドセットのプロトタイプ「Project North Star」の設計図をオープンソースで公開しました。このARヘッドセットは100ドル未満で実現できると謳われており、ARヘッドセットを一気に身近なものにする可能性を秘めています。

Project North Starは4月の発表時から、ハードウェアもソフトウェアもともにオープンソースになること、部品の調達などを合わせて100ドル以下で作ることができるようになること、この2つを謳っています。今回は、その設計図が公開されました。関連ファイルは公式サイト(英語、要サインイン)または、Github(英語)にて公開されています。

ただし、現状では新型のLeap Motion社デバイス(未発売)が必要になるなど、公開された情報を元に今すぐ作成することは難しいようです。同社の設計図には「Coming Soon!」と記述されているため、近々発売されることになると予想されます

本ニュースの詳細はこちら:
100ドル謳う高性能ARデバイスNorth Star、設計図が公開
https://www.moguravr.com/north-star-ar/

Oculusの開発者会議OC5、9月26日から2日間の開催

Oculusは、年次の開発者会議Oculus Connect 5(OC5)の開催を発表しました。9月26日と27日の2日間、カリフォルニア州サンノゼのマッケンナリー・コンベンションセンターで開催されます。5回目となる今年は、過去5年間の同社のVRの歴史を祝う内容が予定されています。

今年のOC5でも、新製品に関する発表が期待されており、PC向け、一体型とも次世代モデルに注目が集まります。Oculusは5月に一体型ヘッドセットOculus Goをリリースしたばかりであり、また、ハイエンドの一体型ヘッドセットSanta Cruzも発表されています。毎年プレス向けにはデモの体験の機会がありました。開発者向けには2018年中の出荷を予定しており、OC5での続報に期待したいところです。

本ニュースの詳細はこちら:
Oculusの開発者会議OC5、9月26日から2日間の開催
https://www.moguravr.com/oc5/

アップル、iOS 12でAR機能強化 複数台で同時体験が可能に

アップルは、6月4日に開催された開発者イベントWWDC2018の基調講演にて同社のソフトウェアの発表を行いました。その中で、iOSに搭載されているAR機能ARKitのアップデートARkit 2.0を発表しています。

発表ではAR向けのフォーマット「USDZ」や公式での計測用メジャーアプリのリリース、そしてARKitのアップデートに伴う機能強化などが公表されました。特に複数ユーザーが同一の空間でARを共有できる「シェアリング機能」が強調されています。

本ニュースの詳細はこちら:
アップル、iOS12でAR機能強化 複数台同時体験が可能に
https://www.moguravr.com/wwdc2018-1/

Vive公式無線化キット、認可下りず国内発売はナシ!

VRヘッドセットHTC Viveを無線化する、Viveワイヤレスアダプター。HTC Viveのみならず、Vive Proにも対応する無線化キットとして発売が待ち望まれていましたが、このワイヤレスアダプターの国内発売が行われないことが明らかになりました。

HTC NIPPON株式会社の西川美優氏によれば「総務省から認可が下りないことが確定した」とのこと。HTC Vive製品の無線化については、サードパーティー製のTPCASTが対応していますが、Vive Proには未対応でした。そのためVive Proを無線化したい場合、サードパーティー製ワイヤレスアダプターの新型を待つことになりそうです。

本ニュースの詳細はこちら:
Vive公式無線化キットの国内発売は無しに 認可下りず
https://www.moguravr.com/htc-vive-official-wireless-kit/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第97回

「謎のMR企業」がついに動く! デバイス「Magic Leap One」発売へ

2018/8/13
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第96回

網膜投影型ARグラスの一般向け受注が開始

2018/8/6
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第95回

グーグルグラス復活へ!製造業向けに新たな活路

2018/7/30
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています