PR
連載 [第87回] :
  週刊VRウォッチ

クアルコム、低価格帯AR/VRデバイス専用チップを発表

2018年6月4日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

今週もまた多くのAR/VR関連ニュースが報じられました。中でも注目すべきはクアルコム(Qualcomm)による、一体型AR/VRデバイス専用のチップ発表でしょう。

半導体メーカーとして知られるクアルコムは、5月30日にAR/VRデバイス専用チップセット「XR1」を発表しています。これまでに発売されている一体型ヘッドセットの多くは、同社のチップセットであるSnapdragon 821や835を採用していました。同社によればXR1のターゲットは低価格帯のAR/VRデバイスであり、Oculus Goのような「高品質のデバイス」向け利用を考えているとのこと。

また同社はHTCやVuzixなど、複数の企業がXR1をベースとしたデバイスを開発していることも明らかにしています。今後のAR/VRの普及を推進する一手となるか、今後の動向に注目です。

クアルコム、一体型AR/VR端末専用チップ発表 低価格で高品質狙う

半導体メーカーのクアルコム(Qualcomm)は、AR/VRデバイス専用のチップセット「XR1」を発表しました。同社はこのチップセットを「初のXR専用プラットフォーム」と呼び、モバイルAR/VRデバイスの流通を拡大するとしています。

同社はHTCやVuzix、PicoがすでにXR1をベースとしたデバイスを開発中だと明らかにしており、「XR1はクアルコムの持つ様々なコンピュータ技術を統合したものです。その技術にはARM系CPU、ベクトルプロセッサ、GPU、そしてクアルコムのAIエンジンなどが含まれています。さらに最先端のXRソフトウェア、機械学習、Snapdragon XRソフトウェア開発キット、セキュリティ技術といった特徴も含んでいます」とコメントしています。

本ニュースの詳細はこちら:
クアルコム、一体型AR/VR端末専用チップ発表 低価格で高品質狙う
https://www.moguravr.com/qualcomm-ar-vr-chip/

シャオミ、Oculus Goの中国国内モデルMi VRを発売

中国のシャオミ(Xiaomi)は、一体型VRヘッドセット「Mi VR」を発売しました。Mi VRは、Oculusが2018年5月に発売した「Oculus Go」を中国国内向けにしたモデルです。

中国メディアYivianによれば、Mi VRの価格はストレージ32GBモデルが1,500元(約25,000円)、64GBモデルが1,800元(約30,000円)とのこと。Mi VRの性能はOculus Goと同等で、プロセッサ(SoC)にクアルコムのSnapdragon 821を搭載しています。

Mi VRとOculus Goの最大の違いは、コンテンツを配信するプラットフォームになります。Oculus GoはOculusが運営するOculus Storeに対応しており、モバイルVRヘッドセットGear VR向けのコンテンツを含む1,000以上のVRコンテンツがダウンロード可能です。

本ニュースの詳細はこちら:
シャオミ、Oculus Goの中国国内モデルMi VRを発売
https://www.moguravr.com/xiaomi-mi-vr/

Magic Leap、新情報発表はあるか 日本時間6/7に生放送

MRデバイスを開発中のMagic Leap社は、米国東部時間6月6日14時(日本時間7日午前3時)に、Twitchにて生放送を行うことを発表しました。この生放送は、同社が不定期に行っているもの。次回の放送では、MRデバイスMagic Leap Oneに関する内容になるとのこと。新情報に期待が集まります。

Magic Leap Oneの開発者版は、一部の限られた開発者には出荷されたとの情報がありますが、依然としてハードウェアの詳細や出荷情報は不明点が多く残されています。今回の発表で何らかの新情報が明らかになることが期待されます。

本ニュースの詳細はこちら:
Magic Leap、新情報発表はあるか 日本時間6/7に生放送
https://www.moguravr.com/magic-leap-4/

VRグローブ「VRfree」クラウドファンディングで3万円から 即座に目標達成

コントローラーの代わりに自分の手や指を使ってVRコンテンツを操作できるグローブのセットが、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達を始めました。開始直後の5月末時点で目標金額の3万ドル(約330万円)を達成し、順調に調達額を伸ばしています。価格は超早割(Super Early Bird)では280ドル(約3万円)からとなっています。

スイスに拠点を置くSensoryxが開発したデバイス「VRfree」は、グローブ型のデバイスと、ヘッドセットに付けるモジュールのセットです。ユーザーの手と指の動きについて、190度の範囲で上下前後左右全ての動き、回転をミリ単位で正確にトラッキングできると謳っており、グローブもモジュールもワイヤレスで動作します。

本ニュースの詳細はこちら:
VRグローブ「VRfree」クラウドファンディングで3万円から 即座に目標達成
https://www.moguravr.com/vrfree-vr-glove/

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第101回

サン電子が国産ARスマートグラス「AceReal One」発売

2018/9/10
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第100回

MRデバイスMagic Leap、初の開発者会議が開催決定

2018/9/3
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第99回

NVIDIA、新世代ゲーミングGPU「GeForce RTX 20」シリーズを発表

2018/8/27
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています