PR

マイクロソフトUS本社見学ツアー:1日目

2008年3月9日(日)
シンクイット編集部

シアトル到着

成田を出発し、約9時間の飛行の後、無事シアトルに到着した、インストールマニアックス2008の優秀者、田中氏、細田氏、平氏プラス、インプレスITの田中と編集部員千本松。日本は深夜12時のところ、時間をさかのぼって4日(水)の午前7時!

本日は、明日に控えるマイクロソフト本社ツアーを満喫するべく、時差ぼけを解消しつつ、シアトルの空気になじむことを目的に、シアトル市内を一日観光。ストリートビューでシアトルマップを開きながら、ご覧いただくとより臨場感が伝わります!

まずは、ついて直後の5人の様子(図1)!ちょっと天気が悪いのが残念ですが、背後にはシアトル名所の、セイフコ球場、クエストフィールド、ダウンタウン、スペースニードルなどが見えます。写真ではまったくわかりませんが、amazonの社屋も見えます。廃院になった病院の建物を買い取って社屋にしているそうです。

かつては、ボーイングの工場として名をはせたシアトル。今はマイクロソフトをはじめ、amazon、Nintedo AmericaなどのITの猛者が本社を構えたことから、ITの町として人々が集まるようになりました。広大な山と海に囲まれ、自然と人とITが共存するすてきな街です。

あこがれのワシントン大学

さて、早速向かった先は、州立総合大学のワシントン大学、通称UW(ユーダブ)です。16学部があり、4万人の学生が集うアメリカ北西部最大のマンモス大学です。2008年にはAcademic Ranking of World Universitiesで、世界16位に選ばれるなど、名門中の名門校。

私たちがお邪魔したのは、Suzzallo Library。図書館とは思えぬ荘厳(そうごん)さ。晴れの日はステンドグラスで飾られた窓から、日が差しそれはそれは美しいそうです。こんな図書館ならいくらでも勉強がはかどりそうですね。

この図書館の裏には、工学、科学、医学などの学部が集まり、充実したコンピューター環境を誇るKenneth Allenウイングがあります。これはBill GatesのパートナーPaul Allenの父の名からつけられています。

ちなみにシアトルは、ほかの地域よりも公共スペースでのコンピューター環境が充実しており、さまざまな公共スペースで無線が利用できるほか、公共の図書館のコンピューター環境も随を抜いて整っているそうです。さすが、マイクロソフトのおひざ元です。

著者
シンクイット編集部

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています