PR

DXの実現にはビジネスとITとの連動が必須 ― 日本マイクロソフトがBizDevOpsラウンドテーブルを開催

2020年3月10日(火)
高橋 正和

日本マイクロソフトは、ビジネスとITとを横断的に連携するBizDevOpsに関するイベント「BizDevOpsラウンドテーブル」を、2月21日に代官山の「Azure Daikanyama Base」にて開催した。

DXと、そこにおけるBizDevOpsの意義が語られたほか、BizDevOpsを取り入れるためのハッカソンなどMicrosoftの支援策が紹介された。

「ビジネスを速く回さなければ
アジャイルやDevOpsをやっても意味がない」

最初に、企業におけるBizDevOpsの意義とMicrosoftでの実践事例について、日本マイクロソフト株式会社 執行役員 最高技術責任者 兼 マイクロソフト ディベロップメント株式会社 代表取締役 社長の榊原 彰氏が解説した。

日本マイクロソフト株式会社 執行役員 最高技術責任者/
マイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長 榊原 彰氏

しばしばデジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉が使われるように、いまやすべての企業がビジネスをデジタル時代に合わせるようになってきた。

そのDXについて、Microsoftは「Optimize operations(顧客の業務を最適化)」「Empower Employees(働き方を変える)」「Transform products(製品を変える)」「Engage customers(顧客がその顧客とよりよくつながる、よりよく知る)」という4つの柱を掲げている。「この4つでデジタルフィードバックループを作り、常に変化していかなければならない」と榊原氏は言う。

デジタルフィードバックループ

デジタルフィードバックループからビジネスまで

榊原氏は、企業で技術が産まれビジネスにつながるまでのプロセスを「研究」「開発」「事業化」「市場投入」に分け、現在では市場投入までのプロセスを速くすることが求められていると説明した。

「ビジネスを速く回さなければアジャイル開発やDevOpsだけに血道をあげても意味がない。速いビジネススピードに同期するDevOps、そのためのアジャイル開発というように、ビジネスのスピードアップを支える開発・運用体制を作る必要がある」(榊原氏)。

リーンスタートアップのためにはDevOpsやアジャイル開発が求められる

ビジネスのスピードと一体化した新たな開発・運用への変換

ここで榊原氏は、Windowsの開発が、パッケージ開発から「Webサービスのように」リリースされる形態に変わった例を紹介した。

Windows 10の開発モデル

Windows 8の開発では「プランニング」「開発」「プレビュー」という工程を直列にして4年かかっていたところを、Windows 10の開発では「アジャイル開発」と「DevOps」を採用したことによって並行する形にしたことで2年に短縮できたという。「単にパラレルなだけでなく、フィードバックも反映されるようになった」と榊原氏は説明し、「いちばんのメリットは、ちょい出しが頻繁にできるようになったこと」と語った。

アジャイル開発とDevOpsの併用によるメリット

開発部門は、チーム改革前は、品質保証(Quality Assurance = QA)、開発(Dev)、運用(Ops)、ビジネス企画チームの4つに分かれていた。

開発部門における初期のチーム構成

最初の改革フェーズにおいて、DevとQAを合わせて「エンジニアリングチーム」とした。

エンジニアリングチーム

そして、さらに残りの2つも合わせて「サービスチーム」として、1つに構成した。

残りの2つのチームも合わせてサービスチームを構成

「この構成にして良かったことは、顧客の声を聞くところと、QA、開発が有機的につながるようになったこと。これにより、顧客の声を即時に反映できるようになった」と榊原氏は述べた。

QA、Dev、Ops、ビジネス企画が1つになったサービスチーム

そのほか、榊原氏からはDevOpsハックフェストを開催していることなども紹介された。DevOpsハックフェストは、Microsoftと顧客企業が短期間で開発する一種のハッカソンだ。「我々は、こうした取り組みを通じて、引き続き安心して使っていただけるテクノロジーにより日本の社会変革に貢献していきたいと考えている。また、ハッカソンでアプリを作っても誰も使わないで終わり、ではなく、お客様といっしょに開発してビジネスにつなげることを支援していきたい」と榊原氏は説明した。

DevOpsハックフェスト

榊原氏の講演を拝聴できる機会は少ないとのことで、参加者は真剣に聞き入っていた

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています