PR

決勝大会・表彰式レポート

2009年7月2日(木)
浅見城輝/Think IT編集部

決勝の日は静かに幕を開けた

 2009年6月14日に開催された「INSTALL MANIAX 2009 TETSUJIN64 決勝大会・表彰式」当日の模様をお伝えしていきます。

 その前に、これまでの経緯を簡単におさらいしておきましょう。

 4月に入り、「INSTALL MANIAX 2009 TETSUJIN64」大会の申し込みがスタート。募集した人数を大きく上回る応募の中から厳正なる抽選の結果、今回の参加者500名が決定しました。

 5月からはいよいよ予選開始!だったのですが、連休中で道路が混雑し、参加者にサーバーの配送が遅れるという状況が発生(※参加者の皆様へ、この際は大変ご迷惑をおかけしました)。事務局側も必死に対応を行い、徐々にこの状況は解消されていきました。

 参加者の2週間にわたる予選も終わり、参加者の苦労の成果を判定する予選審査会が始まると、あらかじめ用意していた74もの課題を大きく上回る結果が出るなど、あまりのハイレベルぶりに主催者側も驚きを隠せませんでした。

 そんな激戦を戦い抜いた5人の猛者たちが、いよいよこの日、決勝会場に乗り込んで来たのです。

 場所は新宿小田急サザンタワー5階、マイクロソフト本社内にセッティングされた特設会場。大型スクリーン6枚とプロジェクター、スタッフ席、観客席などが設置されました。

 観客が待つ特設会場に、それぞれのテーマ曲を背負いながら、彼らは姿を現しました。司会を務めるインプレスビジネスメディア、石川より一人ずつ紹介が行われます。

 まずはじめに姿を見せたのは、決勝戦最年少の三浦剛史さん(リングネーム:Takashi)、続いて細田隼平さん(リングネーム:LGYankees大好きっ子)、小向秀明さん(リングネーム:コムさん)、工藤淳さん(リングネーム:jkudo)、草苅諭さん(リングネーム:64)、最後に、前回大会優勝者である田中主夫さん(リングネーム:クラウド1Q84)が登場です。

 いよいよ全員が着席し、あとはスタートを待つばかりです。

決勝大会スタート!~前半の様子

 スタートの合図と同時に全員が立ち上がった!一斉にキーボードを叩きはじめるかと思っていた会場がどよめく。

 競技マシンとして用意された、NEC Express 5800/110Geが観戦席の方を向いているため、席を立たないと電源スイッチが押せなかったのです。どよめきが笑いに変わります。

 全員同時にWindows Server 2008 SP2のインストールをスタートしてからしばらくの間は待ち状態。トイレや飲み物は今のうちにどうぞ。

 この待ち時間の間に、決勝進出者の意気込みをインタビュー。

 クラウド1Q84さん(ディフェンディングチャンピオン)「前回大会と同じことはやりたくないので、変わったソフトを入れてみたいです。」

 64さん「予選とは違うWindows Web Server 2008 R2を楽しみながら挑戦したいです。」

 jkudoさん「このような大会に参加できたので、勝っていこうかなと思っています!」

 コムさん「この決勝で活躍して、何かいい仕事を捕まえて岐阜に帰りたいです。」コムさんの名刺の裏には既に「インストールマニアックス 決勝進出」と書かれています。営業熱心ですね。

 LGYankees大好きっ子さん「お客さんの販促でこんなリングネームにさせられてます。優勝して帰らないと家族に怒られるのでがんばります。」

 Takashiさん「予選通過順位は5位とギリギリだったので、挑戦者として頑張りたいです。」

 OSのインストールも終わり、サーバーが再起動。「Press any key to boot from CD or DVD…… 」(パンっ)「あーっ!!」コムさんが反射的にEnterキーを押してしまいました。Windows Server 2008のインストール画面が立ち上がります。またさっきの25分をやりなおしか!?焦るコムさん。

 そこに「電源切っちゃっいましょう」と天の声が。ここでコムさんがほんの少し出遅れてしまいました。

 OSのインストールが終わると、みなさんOSの環境設定に進みます。おっとー、Firefoxをインストールしてる人がいる!

 「検索はGoogleじゃなくてbing(*1)でしてね」ってルールがあったけど(冗談です)、FirefoxはNGって言われてないなぁ。あ、こっちではGoogle Chromeを入れ始めた…。

 IISやPHP、MySQLの設定が終わると、いよいよWebアプリケーションのインストールが始まります。

*1 Microsoftが提供する、新しい検索エンジン(http://www.bing.com/

著者
浅見城輝/Think IT編集部
【浅見城輝プロフィール】
ネットワーク機器メーカーでの情報システム、DB管理パッケージベンダでのコンサルタントを経て、2006年8月にフリーランスとして独立。データベースのコンサルティングを中心にWebシステムの構築や開発なども行う。インストールマニアックス2008でドキュメント賞、INSTALL MANIAX 2009 TETSUJIN64の決勝戦ではスペシャルコメンテーターを務める。
http://www.asami.asia/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています