TOPサーバ構築・運用> データベース連携アプリケーションを構築しよう




はじめてのサーバサイドJava
はじめてのサーバサイドJava

第9回:データベースとの連携(前編)

著者:山田 祥寛   2006/5/12
1   2  次のページ
データベース連携アプリケーションを構築しよう

   今まではリクエスト情報を中心とした基本的な構文を説明してきましたので、ここからは少しずつ実践的なサンプルについて説明していきます。なお、本稿のサンプルを利用する際は、あらかじめMySQL上にmarugotoデータベースを作成したうえで、artistテーブル(表1)を作成しておく必要があります。
フィールド名 データ型 概要
id INT 登録ID(主キー、連番)
name VARCHAR(30) 名前
country VARCHAR(100) 出身国
old INT 享年
birth DATE 誕生日
work VARCHAR(100) 代表作

表1:artistテーブルのフィールドレイアウト

   データベースの作成(展開)については、書籍または「サーバサイド技術の学び舎 - WINGS(http://www.wings.msn.to/)」より「サーバサイド環境構築設定」を参照してください。


コネクションプーリング

   コネクションプーリング(Connection Pooling)は、データベースへの接続をプールしておく仕組みのことです。

   JSP&サーブレットアプリケーションでは、複数のユーザがデータベースへの接続を行います。しかし、データベースへの接続処理は比較的重い処理で、これをその都度行うのは、アプリケーションのパフォーマンスを低下させる原因となります。

   そこで、いくつかの接続をあらかじめ保持(プール)しておき、必要になったらそのプールの中から取り出すことで、接続にかかる負荷を軽減することができます。不要になった接続は、再びプールに戻されるので、再利用することができます(図1)。

コネクションプーリングの仕組み
図1:コネクションプーリングの仕組み
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   JSP&サーブレットアプリケーションにおいて、コネクションプーリングは必須の要素であるといえるでしょう。

1   2  次のページ

書籍紹介
まるごとサーバサイドJava! Vol.1
まるごとサーバサイドJava! Vol.1 〜初心者からプロまですべての開発者に贈る〜サーバサイドJavaのすべてをまるごと紹介
サーバサイドで実行されるシステム環境Java EEを取り巻く環境は一大変革を遂げようとしています。J2EE時代のEJB(Enterprise Java Beans)からPOJO(Plain Old Java Object)へ、オブジェクト指向からアスペクト指向へ。Sun Microsystems外から発生した新しい流れは本家Java EE 5へ取り入れられる予定です。本書はこうしたJavaの新潮流を余すことなくお伝えします。

発売日:2006/09/01
定価:\2,415(本体 \2,300+税)
WINGSプロジェクト  山田 祥寛
著者プロフィール
有限会社WINGSプロジェクト   山田 祥寛
Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト(http://www.wings.msn.to/)」の代表。主な著書に「10日でおぼえる入門教室シリーズ(Jakarta・JSP/サーブレット・PHP・XML)」(以上、翔泳社)、「書き込み式 SQLのドリル」(ソシム)など。最近ではIT関連技術の取材、講演まで広くを手がける毎日。

この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第9回:データベースとの連携(前編)
データベース連携アプリケーションを構築しよう
  コネクションプーリングの設定
はじめてのサーバサイドJava
第1回 Are you ready for Server Java ?
第2回 JSP&サーブレットの基本環境設定(前編)
第3回 JSP&サーブレットの基本環境設定(後編)
第4回 Windows/Linux共通の基本環境の設定
第5回 JSP&サーブレット〜JSP基本編〜
第6回 リクエストデータの利用(前編)
第7回 リクエストデータの利用(後編)
第8回 Cookieとセッション情報
第9回 データベースとの連携(前編)
第10回 データベースとの連携(後編)
第11回 デプロイメントディスクリプタ活用術(前編)
第12回 デプロイメントディスクリプタ活用術(後編)