TOP情報セキュリティ> TOMOYO GUIでWebサーバのポリシーを作成




TOMOYO Linux
初体験 TOMOYO Linux!

第6回:EclipseとTOMOYO GUIでWebサーバを簡単管理

著者:日本データコム  平坂 透   2007/7/24
1   2  3  次のページ
TOMOYO GUIでWebサーバのポリシーを作成

   「第5回:TOMOYO GUIとTOMOYO Linuxの素敵な関係」では、TOMOYO GUIをインストールして、TOMOYO Linuxが動作しているサーバに接続するプロジェクトを作成する方法を解説しました。

   引き続き今回は、静的なコンテンツを公開するWebサーバを例に、アクセス制御の自動学習をTOMOYO GUIから操作する方法を紹介します。

まずはじめに

   まずは、どのようなアクセス制御を行うポリシーを作成するかを決めておきます。

   今回は、ファイルのアクセス許可についてのみ制御することとし、またWebサーバのドキュメントルート以下のいくつかのHTMLファイルのみを参照可能に設定することにします。TOMOYO Linuxに自動学習を行わせるために、ドキュメントルート以下に参照可能なファイルを用意しておいてください。

   また以降の説明では、これまでの記事ですでに紹介しているドメインやプロファイル、プロファイルの学習や強制モードに触れています。このため、不明な点はバックナンバーの説明を参照してください。


ポリシーの編集

   ポリシーの編集は専用の「ドメインポリシ」ページで行います。Eclipseのエディタ領域下部にあるタブから「ドメインポリシ」を選択してください。

「ドメインポリシ」ページ
図1:「ドメインポリシ」ページ
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   これはCUIツールの「editpolicy」と同じように、ポリシーの参照と編集を行うページです。ページ左側はeditpolicyの「<<< Domain Transition Editor >>>」にあたるドメイン遷移ツリーです。ページの右側は「<<< Domain Policy Editor >>>」に相当しておりドメインごとのアクセス制御を表示します。

1   2  3  次のページ


日本データコム株式会社 平坂 透
著者プロフィール
日本データコム株式会社  平坂 透
数年前からセキュアOS「SELinux」を使いはじめ、その高い壁と格闘する日々を送る。平成18年よりTOMOYO Linuxプロジェクトに参加。主に「TOMOYO GUI」の開発を担当しつつ、最近はセキュアOSが少しずつ身近になってきたことを実感している。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第6回:EclipseとTOMOYO GUIでWebサーバを簡単管理
TOMOYO GUIでWebサーバのポリシーを作成
  httpdプロセスのドメインを探す
  学習結果を確認してみよう
初体験 TOMOYO Linux!
第1回 国産セキュアOSの歩み
第2回 TOMOYO Linuxの導入とアクセス制御を初体験
第3回 TOMOYO Linuxで管理業務を委託
第4回 不正なログインを防止する方法
第5回 TOMOYO GUIとTOMOYO Linuxの素敵な関係
第6回 EclipseとTOMOYO GUIでWebサーバを簡単管理