TOPシステムトレンド> Linuxサーバ市場規模の推移




OSS導入実態
Linux/OSSの導入実態と今後の展望

第4回:Linuxサーバの市場動向
著者:矢野経済研究所  入谷 光浩   2005/5/11
1   2  3  次のページ
Linuxサーバ市場規模の推移

   第1回から第3回まで、ユーザ調査をベースにオープンソースソフトウェア(以下、OSS)の導入実態を見てきた。第4回からはOSSに関連するビジネスマーケットの動向について述べていく。特にOSSの中でも1人前にマーケットを形成しつつあるLinuxに焦点をあて、Linux関連ビジネスの動向について把握していく。まずはLinux搭載サーバ市場について見ていこう。
2004年はサポート体制の充実により順調に成長

   2003年から2007年までのLinux搭載サーバ出荷台数の推移を図1に示す。2003年(1〜12月期)のLinuxサーバ市場は出荷台数50,485台となり5万台を突破、全サーバ(IAサーバ、RISCサーバ、メインフレーム)に占めるLinux搭載比率は11.8%となった。2004年の出荷台数は前年から35.5%増加の68,420台、Linux搭載比率は2.1ポイントアップの13.9%になった。

   2002年まではサーバベンダーのサポート面での未整備もありスローペースで導入が進んできたが、2003年になり急速に出荷のスピードが速まってきた。特に2003年は自治体関連の案件が多く、2003年度中の接続が義務付けられていた総合行政ネットワーク(LGWAN:Local Government Wide Area Network)関連のシステム案件においてLinuxが採用されているケースが多かったことも影響している。

   2004年も2003年に引き続き順調に出荷台数を伸ばしている。自治体のLGWAN関連案件の駆け込み需要というのもあったが、それだけではなく民間企業での導入も増えてきている。2004年はこれまでLinuxに対して戦略が明確に打ち出せていなかった日本HPをはじめ、主要サーバベンダーがLinuxに対して積極的なコミットを行いサポート面の充実を図った。それがユーザにLinuxへの安心感を与え、出荷台数の増加を大きく後押しすることになっている。

Linux搭載サーバの出荷台数とLinux搭載比率
図1:Linux搭載サーバの出荷台数とLinux搭載比率


2007年にはLinux搭載比率20%突破、ハイエンド領域での増加を期待

   Linux搭載サーバの出荷台数の今後の予測について、矢野経済研究所では2005年は前年比32.1%増の90,352台と推定する。さらにその後も成長を続け、2006年に10万台を突破、2007年には142,700台、全サーバに占めるLinux搭載比率は約20%になると推定する。2003年から2007年までのCAGR(年平均成長率)で見ると、29.7%と高い成長を続けていくことが予想される。

   各ベンダーのLinuxサポート体制の整備が整ったことをはじめ、2004年から進んでいるY2Kのリプレース需要やLinux対応のアプリケーションが充実されていくことから、2005年からは本格的な普及期に入っていくことが予想される。これまで紹介してきたユーザ調査結果からでもわかるように、ユーザ側でのLinuxの導入意向は高まっていることは明らかである。この結果が2007年にLinuxの搭載比率が20%を突破するという高い成長予測の裏付けともなっている。

   現状ではLinuxを搭載しているサーバのほとんどがIAサーバであるが、今後Itanium 2サーバやRISCサーバ、メインフレームなど、ハイエンドサーバ上でLinuxを積極的に採用していく方針が日本IBMをはじめ各ベンダーで打ち出されており、基幹系システム領域へのLinux導入が増えていくことは間違いない。出荷台数面ではボリュームを出せないものの、出荷金額面においてはサーバ市場に与えるインパクトはより大きくなっていくと考えられる。

1   2  3  次のページ

書籍紹介
「企業情報システムにおけるLinux/オープンソースソフトウェアの導入実態と今後の展望 2005」

本記事は矢野経済研究所より発刊されている「企業情報システムにおけるLinux/オープンソースソフトウェアの導入実態と今後の展望 2005」から抜粋し、加筆、修正を行ったものです。上記調査資料には、さらに詳しいデータや分析結果が記載されています。調査資料のご購入は下記のリンクより行えます。

 ご購入はコチラ
http://www.yano.co.jp/mrnew/2005/01/C46112400.html

矢野経済研究所
著者プロフィール
株式会社矢野経済研究所  入谷 光浩
民間総合調査会社である矢野経済研究所のITリサーチ部門にて、サーバやミドルウェアを中心としたエンタープライズコンピューティングのリサーチを担当。近年はエンタープライズにおけるOSSの市場動向に着目しリサーチを行っている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第4回:Linuxサーバの市場動向
Linuxサーバ市場規模の推移
  Linuxサーバのシェア
  IAサーバ出荷台数に比例したシェア構成へ
Linux/OSSの導入実態と今後の展望
第1回 オープンソースソフトウェアの導入状況
第2回 Linuxの導入状況と基幹システムへの導入意向
第3回 オープンソースデータベースの導入状況
第4回 Linuxサーバの市場動向
第5回 サーバ用Linuxディストリビューションの市場動向
第6回 ソフトウェアのLinux対応動向
第7回 Linux/OSSの将来展望