PR

JPCERT/CC、「ウイルスバスター クラウド 16.0/17.0」に脆弱性が存在すると発表

2021年3月10日(水)

 JPCERT/CCは3月5日、トレンドマイクロの「ウイルスバスター クラウド」に脆弱性が発見されたと発表した。既に対策を施した最新版がリリースされている。

 今回発見された脆弱性は、コードインジェクション攻撃により、管理者権限を持つ攻撃者がパスワード保護およびシステム保護を無効にする危険があるもの(CVE-2021-25251)。対象となるプロダクトは、「ウイルスバスター クラウド (Windows版) バージョン16.0および17.0」となっており、該当する製品を利用するユーザはアップデートを適用することが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNVU#99545969

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る