PR

ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark 3.4.10/3.2.18」リリース

2021年11月21日(日)

Wireshark Foundationは11月17日(現地時間)、ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark 3.4.10」をリリースした。

Wiresharkは、Ethrealを前身とするネットワークプロトコルアナライザ。パケットキャプチャやプロトコル解析により、ネットワークの解析を行うことができるオープンソースのソフトウェア。

「Wireshark 3.4.10」では、ディセクタクラッシュの恐れがある脆弱性など、9件の脆弱性が解消されている。これらの脆弱性は「3.2」系列にも存在していたため、同日付で脆弱性を修正した「3.2.18」もリリースされている。なお、「2.6」系列、「3.0」系列はサポートが終了しているため、ユーザは「3.4系列」への移行が推奨されている。

「Wireshark 3.4.10/3.2.18」は、Windows版、Linux版、BSD版、SolarisやHP-UXなどに対応したUNIX版、Mac OS X版パッケージが用意されている。「Wireshark」はWebサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る