PR

Pythonエンジニア育成推進協会が発足、2017年春よりPython試験を実施へ

2016年4月21日(木)

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 発起人会(以下、Pythonエンジニア育成推進協会)が4月21日に発足、Pythonエンジニアの認定試験を2016年夏に無料ベータ、2017年春から本試験として実施する計画を発表した。

Pythonは、ビッグデータや機械学習、Webサービスの開発など幅広い分野で近年注目が集まっている言語の1つ。ただ、そうした市場ニーズの高まりに対し「エンジニアの求人件数に対して人材不足になる可能性が高い」といった背景などから今回、エンジニア育成を推進する業界団体を設立するに至ったという。

Pythonエンジニア育成推進協会には、代表理事として吉政創成株式会社の吉政忠志氏が就任予定。同氏はPHPやRuby on Railsの認定試験の運営でも実績がある。また、試験問題監修及びコミュニティ支援として一般社団法人PyCon JPの寺田学氏、監事として株式会社ビープラウドの佐藤治夫氏など、日本のPythonコミュニティに縁のある面々が参画。設立時スポンサーとして、日本電気株式会社やNECマネジメントパートナー株式会社が名を連ねた。2016年7月に法人設立予定。

試験は2種類となり概要(予定)は以下の通り。
※出題範囲など詳細はベータ試験開始時に発表。

Python 3 エンジニア認定基礎試験(文法基礎を問う試験)
  • 受験料金:1万円+税
  • 解答時間:1時間以内
  • 問題数:40問
  • 合格ライン:正答率70%
  • 主教材:オライリー・ジャパン「入門Python3」
Python 3 エンジニア認定データ解析試験(Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う試験)
  • 受験料金:1万円+税
  • 解答時間:1時間以内
  • 問題数:40問
  • 合格ライン:正答率70%
  • 主教材:オライリー・ジャパン「Pythonによるデータ分析入門――NumPy、pandasを使ったデータ処理」

試験センター:全国のオデッセイ コミュニケーションズCBTテストセンター
試験問題作成:NECマネジメントパートナー株式会社
試験問題監修:Pythonエンジニア育成推進協会関係者

公式サイト
http://www.pythonic-exam.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています