PR

ジークス、マルチデバイス対応スマートフォンアプリ開発フレームワークを発表

2012年8月9日(木)

ジークスは8月8日、マルチデバイスに対応したスマートフォンアプリ開発フレームワーク「ダイナミックアプリ」を8月上旬から提供すると発表した。

「ダイナミックアプリ」はHTML5でスマートフォンアプリを開発できるフレームワーク。HTML5でコンテンツを開発するだけで、iOS、Androidのネイティブアプリケーションを生成できる。

これまでは、HTMLからOSのネイティブAPIを呼び出すことはできなかったが、「ダイナミックアプリ」を経由することで、ネイティブのAPIをHTML5から利用できるようになる。UI言語の主流となるHTML5を使用することにより、ワンソースでのマルチOS展開が可能になり、開発にかかる時間と費用を大幅に圧縮する事ができるという。

8月上旬からバイナリ版、9月中旬からオープンソース版をサービスサイトから提供する。GPLライセンスと商用ライセンスのデュアルライセンスの提供となる。ソースコード公開の場合は無料。ソースコード公開を行わない場合は、開発者一人あたり27万円(初年度サポート費含む)、保守サポート年間6万円の費用が掛かる。

ジークス
http://www.zyyx.jp/

「ダイナミックアプリ」サービスサイト
http://www.dynamic-app.net/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック