PR

NTTドコモ、スマートフォンアプリやWebコンテンツを開発するためのAPI、SDKを無償提供

2014年10月8日(水)

NTTドコモは10月3日、無線機能を搭載する多種多様なウェアラブル機器や健康機器等を操作したり、機器のデータを収集したりすることが可能なスマートフォンアプリやWebコンテンツを開発するためのAPI「デバイスコネクトWebAPI」と、同APIを活用して簡単に開発者がプログラミングを行えるSDKを無償提供開始した。

本APIにより、多種多様な機器を組み合わせて利用することも可能で、例えば、メガネ型機器の映像再生の操作を異なるメーカーのリストバンド型機器で操作したり、活動量計や体重計で収集した情報をスマートフォンアプリで統合して活用したり、新しい機器の使い方ができるようになる。

「デバイスコネクトWebAPI」を利用することにより、開発者はメーカー毎に異なる開発環境を習熟しなくても異なるメーカーの機器を扱うことが可能となる。また、本APIは高い機能拡張性があるため、今後発売される新たな機器を本APIに対応させる開発も容易に行える。従来では難しかった、Webコンテンツ(Webブラウザ)からの機器の操作及びデータ収集を、スマートフォン上で動作する仮想サーバ技術を独自で開発したことにより実現している。

「デバイスコネクトWebAPI」は、Open Mobile Alliance(OMA)でGeneric Open Terminal APIとして標準化が推進されている技術を利用している。またドコモは、セイコーエプソン社、Vuzix社、ウエストユニティス社等のメガネ型の機器メーカーと連携して、より高度な機器固有の機能への対応や、機器の検証といった取り組みを進めている。

本APIはオープンソースソフトウェアとして、GitHub上に公開し、アプリ開発者・デバイス開発者に幅広い用途で利用してもらうことでAPIの改善を図り、商用提供に向けて技術開発を進めていく。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック