PR

NRI、オープンソース「MongoDB」のサポートサービスを提供開始

2013年12月13日(金)

野村総合研究所(以下、NRI)は12月10日、ソフトウェア提供元のMongoDB,Inc.と連携し、オープンソースのNOSQLデータベース「MongoDB(モンゴデービー)」のサポートサービスを開始した。MongoDBのサポートサービスを提供するのは、大手システムインテグレータではNRIが初めて。

MongoDBはNOSQLの中でも、機能が豊富なデータフォーマットであるJSONを柔軟に扱えることや、データ容量の拡張が容易である、といった理由から人気が高く、米国ではNOSQLのリーダ的存在となっている。日本でもWebサイト、ソーシャルゲーム、大容量データ解析といった領域を中心に、既にMongoDBの導入や利用が進んでいるが、導入時やトラブル等の発生時におけるサポートに関する不安が、MongoDBを採用する上で障壁となっていた。

NRIでは、このような問題を速やかに解決し、利用者が安心して使えるようにするため、MongoDBのサポートサービスを提供するもの。

「MongoDB」サポートサービスの特長は、以下の通り。

・提供元のMongoDB,Inc.と連携したサポート

2006年以降、NRIは、オープンソースソフトウェアのサポートサービス(「OpenStandia(オープンスタンディア)」)を広範な顧客層に提供している。「OpenStandia」サービス全体では、累計で1,000プロジェクト以上へのサポート実績がある。このサービスを行う専門チームと、MongoDB.Incとが連携することによって、充実したMongoDBのサポートサービスを提供する。

・大手システムインテグレータとして、包括的なサポートサービスを提供

大手システムインテグレータとして、MongoDBそのものの問題解決だけではなく、MongoDBと接続するWebサーバやアプリケーションサーバとの連携など、トータルなサポートサービスの提供が可能。

・日本語で、24時間365日サポートサービスを提供

NRIでは、一部のオープンソースソフトウェアについて、日本語で24時間365日サポートサービスを行っている。Apache、Tomcatなどの主要なオープンソースと同様に、MongoDBもその対象となる。


Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内