PR

DataGridコントロールの新しい2つの機能を使う

2010年6月15日(火)
PROJECT KySS

DataGridコントロールのレイアウト

印刷用データが追加できたら、UserControlのPropertiesペインの[Layout]を展開して、Widthに800、Heightに600を指定します。

ToolboxからTextBlock、ComboBox、Button、DataGridコントロールを1個ずつレイアウトします。TextBlockのTextにはタイトルを指定しておきます。

ComboBoxコントロールのプロパティから、Itemsの(Collection) の横に表示されている[…]ボタンをクリックして、 「Collection Editor」を起動し、ComboBoxItemを2つ追加します。Contentプロパティには、それぞれ、「読み」、「年齢」と指定します。 「読み」のIsSelectedプロパティにはチェックを付け、デフォルトで「読み」が選択されるようにしておきます(図4)。

ComboBoxItemは、デフォルトで「読み」が選択されるようにしておく。

図4:ComboBoxItemは、デフォルトで「読み」が選択されるようにしておく。(クリックで拡大)

ButtonコントロールのContentプロパティには「すべて印刷」と指定します。

DataGridコントロールのPropertiesにあるColumnsの中の、AutoGenerateColumnsプロパティにチェックを付けて、自動的に列が生成されるようにしておきます。

すべてレイアウトすると図5のようになります。このレイアウトで書き出されるXAMLコードは省略します。

ComboBox、Button、DataGridコントロールをレイアウトした。

図5:ComboBox、Button、DataGridコントロールをレイアウトした。(クリックで拡大)

DataGridへのデータ表示と印刷の処理を記述する

レイアウトができたら、XMLデータをDataGridにデータを表示する処理と、印刷する処理を記述していきます。ロジック・コードはリスト2のようになります。

リスト2 ロジック・コード(MainPage.xaml.vb)

■名前空間の読み込みと、プロパティの定義
LINQ to XMLでXMLを処理するクラスの含まれる、System.Xml.Linq名前空間をインポートします。
印刷の機能を提供するクラスの含まれる、System.Windows.Printing名前空間をインポートします。
データをグループするためのクラスの含まれる、System.Windows.Data名前空間をインポートします。

Option Strict On
Imports System.Xml.Linq
Imports System.Windows.Printing
Imports System.Windows.Data

personalInfoクラス内に、「氏名、年齢、住所、勤務先」のプロパティを定義します。この処理は、前回と同じです。

Public Class personalInfo
  Property 氏名() As String
  Property 読み() As String
  Property 年齢() As String
  Property 住所() As String
  Property 勤務先() As String
End Class

CollectionViewSourceクラス用オブジェクト変数、myCollectionViewSourceをメンバ変数として定義します。 CollectionViewSourceクラスは、並べ替えおよびフィルタークエリに基づいて、コレクションの移動や表示を可能にするクラスです。
  Dim myCollectionViewSource As CollectionViewSource

■ページが読み込まれた時の処理
XElement.LoadメソッドでXML文書ファイル(sampleData_Group.xml)を読み込みます。要素のコレクションを取得するクエリ(query)を定義します。
personalInfoクラスのリストとして作成するmyPersonalInfoを宣言して、queryを実行します。
クエリコレクション内を反復処理しながら、Addメソッドで、personalInfoクラスの各プロパティ(「氏名、読み、年齢、住所、勤務先」)に、 XMLの各要素(、、、、)の値を追加します。 新しいCollectionViewSourceのインスタンスを生成し、myCollectionViewSourceオブジェクトのSourceプロパティにmyPersonalInfoオブジェクトを指定します。 Sourceプロパティにはビューの作成元のオブジェクトを指定することができます。

コレクション内の項目のグループ分けを記述するGroupDescriptionsコレクションに、Addメソッドで、「読み」で初期化された新しいPropertyGroupDescriptionを追加します。 PropertyGroupDescriptionクラスでは、プロパティ名を基準とした項目のグループ化を設定できます。DataGridコントロール(名前はDataGrid1)のItemsSourceプロパティに、 CollectionViewSourceのインスタンスに関連付けられているビューオブジェクトを指定します。これで、最初に「読み」でグループ化されたデータがDataGridに表示されます。


  Private Sub MainPage_Loaded(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Me.Loaded
    Dim xmldoc As XElement = XElement.Load("sampleData_Group.xml")

    Dim query = From c In xmldoc.Descendants("情報") Select c
    Dim myPersonalInfo As New List(Of personalInfo)

    For Each result In query
      With myPersonalInfo
        .Add(New personalInfo With {.氏名 = result.Element("氏名").Value,
                                    .読み = result.Element("読み").Value,
                                    .年齢 = result.Element("年齢").Value,
                                    .住所 = result.Element("住所").Value,
                                    .勤務先 = result.Element("勤務先").Value})
      End With
      myCollectionViewSource = New CollectionViewSource
      myCollectionViewSource.Source = myPersonalInfo
    Next
    myCollectionViewSource.GroupDescriptions.Add(New PropertyGroupDescription("読み"))
    DataGrid1.ItemsSource = myCollectionViewSource.View
  End Sub

■ComboBoxコントロール内の項目が選択された時の処理
ComboBoxコントロールから選択された項目を変数myItemに格納します。グループ分けを記述するGroupDescriptionsコレクションに、 Addメソッドで、myItem(ComboBoxコントロールから選択された項目名)で初期化された新しいPropertyGroupDescriptionを追加します。
これで、ComboBoxコントロール内の項目に応じて、DataGridコントロール内のデータがグループ化されて表示されるようになります。


  Private Sub ComboBox1_SelectionChanged(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Controls.SelectionChangedEventArgs) Handles ComboBox1.SelectionChanged
    If myCollectionViewSource Is Nothing = False Then
      myCollectionViewSource.GroupDescriptions.Clear()
      Dim myItem As String = DirectCast(ComboBox1.SelectedItem, ComboBoxItem).Content.ToString
      myCollectionViewSource.GroupDescriptions.Add(New PropertyGroupDescription(myItem))
    End If
  End Sub

■[印刷実行]ボタンをクリックした時の処理
新しいPrintDocumentのインスタンスmyPrintオブジェクトを生成します。PrintDocumentクラスはSilverlightアプリケーションの印刷機能を提供するクラスです。
印刷を実行するDataGrid_Printイベントを実行します。印刷が完了した時には、DataGrid_EndPrintイベントを実行します。 Printメソッドで、印刷キューに指定するドキュメントの名前を指定して、印刷を開始します。myPrintオブジェクトにNothingを指定してオブジェクトとの関連付けを解除します。


  Private Sub Button1_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Button1.Click
    Dim myPrint As New PrintDocument
    AddHandler myPrint.PrintPage, AddressOf Me.DataGrid_Print
    AddHandler myPrint.EndPrint, AddressOf Me.DataGrid_EndPrint
    myPrint.Print("DataGridGroup_Print")
    myPrint = Nothing
  End Sub

■印刷を実行する処理
新しいDataGridのインスタンス、myDataGridオブジェクトを生成します。生成したmyDataGridオブジェクトの ItemsSourceにCollectionViewSourceのインスタンスに関連付けられているビューオブジェクトを指定します。印刷する要素を指定するPageVisualプロパティにmyDataGridを指定します。
これで、画面上はスクロールしなければ表示されていないDataGridコントロールのデータすべてをXPSファイルとして出力したり、プリンターで印刷できるようになります。


  Private Sub DataGrid_Print(ByVal sender As Object, ByVal e As PrintPageEventArgs)
    Dim myDataGrid As New DataGrid
    myDataGrid.ItemsSource = myCollectionViewSource.View
    e.PageVisual = myDataGrid
    e.HasMorePages = False
  End Sub

■印刷が完了した時の処理
「完了」というメッセージボックスを表示します。


  Private Sub dataGrid_EndPrint(ByVal sender As Object, ByVal e As EndPrintEventArgs)
    MessageBox.Show("完了")
  End Sub

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています