PR

Adempiereの「プロセス」を作成する

2011年6月27日(月)
久保田 大輔

ボタンとの関連付け

プロセスを登録したら、第4回記事で作成したウィンドウに、ボタンとしてこのプロセスを登録します。

第4回記事で「SampleProcess1」を作成しているので今回はそのレコードをコピーして修正します。

メニューツリーから「アプリケーション構成 > 要素」を選択して、「要素」ウィンドウを開いてください。

検索フォームが表示されるので、「名前」に「SampleProcess1」と入力して、右下のOKボタンを押してください。「SampleProcess1」のレコードが表示されます。

図2:検索フォームの「名前」に「SampleProcess1」と入力

新規作成ボタンの右にあるボタン(アイコン)が、「レコードをコピー」ボタンです。「レコードをコピー」を押すと、レコードがコピーされます(「表形式」ボタンでレコードを一覧表示すると「SampleProcess1」という名前のレコードが2つ表示されます)。

  • 「DBカラム名」に「sample_process2」と入力
  • 「名前」に「SampleProcess2」と入力
  • 「テキストを印刷」に「SampleProcess2」と入力
  • 「実体タイプ」で「Dictionary」を選択

保存アイコンを押してレコードを保存してください。

次に「テーブルとカラム」ウィンドウで「SampleProcess2」のレコードを追加します。メニューから、「アプリケーション構成 > テーブルとカラム」 を選び、「テーブルとカラム」ウィンドウを開いてください。「テーブル」タブで、「SAMPLE1」という名前のレコードを選択してください。

第4回記事では、「DBテーブル名」に「SAMPLE_TABLE1」、「名前」に「SAMPLE1」と設定しましたが、「DBテーブル名」はモデルクラスのクラス名に影響するので、以下を修正してください。

  • 「DBテーブル名」を「Sample_Table1」
  • 「名前」を「Sample1」

「カラム」タブでレコードを追加します。各項目は、以下のように設定してください。

  • 「DBカラム名」 sample_process2
  • 「システムエレメント」 sample_process2
  • 「名前」 SampleProcess2
  • 「長さ」 1
  • 「参照」 ボタン
  • 「プロセス」 Sample_Process2_Sample Process2

値を設定して保存したら、「カラムを同期」ボタンを押してください。データベースにカラムが作成されます。

図3:「カラムを同期」ボタンを押すとデータベースにカラムが作成される(クリックで拡大)

最後に、「ウィンドウ、タブ & フィールド」ウィンドウで、ボタンを表示するためにレコードを追加します。

メニューから、「アプリケーション構成 > ウィンドウ、タブ & フィールド」 で、「ウィンドウ、タブ & フィールド」ウィンドウを開いてください。

  • 「ウィンドウ」タブで、Sample Window1のレコードを表示してください。
  • 「タブ」タブに移動して「フィールドを作成」ボタンを押してください。
  • 「フィールド」タブにSampleProcess2のレコードが作成されます。

これでプロセスの設定は完了です。メニューのツリーからSample Window1を表示して、SampleProcess2を実行してください。SampleProcess2ボタンが表示されない場合は、一度ログアウトしてログインし直してください。

SampleProcess2を実行するとウィンドウの下部にメッセージが表示されます。

図4:Sample Window1を表示

図5:SampleProcess2を実行

今回作成したプロセスは、Eclipse上のソースファイルとして追加したので、インストールしたAdempiere(RUN_Adempiere.batから起動したAdempiere)でSampleProcess2のボタンを押すと、ClassNotFoundのエラーになります。Eclipseから起動したAdempiereでプロセスを実行してください。第5回記事で説明したビルド方法によってインストール可能な形式にすることができます。

処理内容の作成

ここまでで、空のプロセスが実行できるようになったので、このプロセスに第4回記事の簡易プロセスとほぼ同じ処理を書いてみます。

adempiere.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています