PR

翻訳された英文の表示と読み上げ

2011年8月26日(金)
PROJECT KySS

WebBrowserに「進む」「戻る」「再読み込み」を実装する

WebBrowserコントロールには、「進む」、「戻る」、「再読み込み」に該当するものがなく、自前で実装するしかありません。MSNのサイトが表示されています。リンクをクリックして他のページに遷移し、「戻る」、「進む」ボタンをクリックしてみてください。「戻る」、「進む」が実行されます。「再読み込み」ボタンではページがリロードされます(図10)。

3

図10:起動後MSNのサイトが表示されている、リンクをクリックし他のページに遷移後、[戻る]、[進む]ボタンをクリックして該当ページが表示されている(クリックで拡大)

サンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできます。記事末尾をご確認ください。
※サンプル実行でエラーが発生した場合は、「ソリューションのビルド」を実行後、再度、デバッグ開始を行ってください

プロジェクトの作成

VS 2010のメニューから[ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)]を選択します。次に、「Windows Phone Application」を選択して、「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「WP7_WebBrowserPrevBack」という名前を付けています。Windows Phoneのバージョンは7.0を選択します。

コントロールの追加

ツールボックスからButtonコントロールを3個、WebBrowserコントロールを1個配置します。ButtonのContentプロパティには、「Prev」(NameはPrevButton)、「Back」(NameはBackButton)、「Reload」(NameはReloadButton)と指定します。

PhoneApplicationPageのプロパティ[その他]パネルにある、SupportedOrientationsにPortraitOrLandscapeを指定します。エミュレーターを横に倒したり縦に戻したりすることが可能になります。

WebBrowserコントロールのプロパティ[共通]パネルにある、IsScriptEnabledプロパティにチェックを付け、Javascriptを有効にしておきます。ここのチェックを忘れると、Javascriptを使用したページが正常に表示されません。また、今回はコードの中でJavascriptを使用していますので、IsScriptEnabledプロパティの値がFalseだとエラーになってしまいますので、注意してください。

全て設定すると図11のようになります。

3

図11:各種コントロールを配置した(クリックで拡大)

次に、ソリューションエクスプローラー内のMainPage.xamlを展開し、表示されるMainPage.xaml.vbをダブルクリックしてリスト2のロジックコードを記述します。

ロジックコードを記述する

リスト2 (MainPage.xaml.vb)

Option Strict On

Partial Public Class MainPage
  Inherits PhoneApplicationPage
 
  ' Constructor
  Public Sub New()
    InitializeComponent()
  End Sub

ページが読み込まれた時の処理

WebBrowser1.NavigateメソッドでMSNのサイトに遷移します。
  Private Sub MainPage_Loaded(sender As Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles MyBase.Loaded
    WebBrowser1.Navigate(New Uri("http://jp.msn.com/", UriKind.Absolute))
  End Sub

[前へ]ボタンがクリックされた時の処理

InvokeScriptメソッドでhistory.forward()スクリプトを実行します。evalは、JavaScript式を含んだ文字列を評価するJavaScriptの組み込みメソッドです。
  Private Sub PrevButton_Click(sender As System.Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles PrevButton.Click
    WebBrowser1.InvokeScript("eval", "history.forward()")
  End Sub

[戻る]ボタンがクリックされた時の処理

InvokeScriptメソッドでhistory.back()スクリプトを実行します。evalは、JavaScript式を含んだ文字列を評価するJavaScriptの組み込みメソッドです。
  Private Sub BackButton_Click(sender As Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles BackButton.Click
    WebBrowser1.InvokeScript("eval", "history.back()")
  End Sub

[Reload]ボタンがクリックされた時の処理

InvokeScriptメソッドでlocation.reload()スクリプトを実行します。evalは、JavaScript式を含んだ文字列を評価するJavaScriptの組み込みメソッドです。
  Private Sub ReloadButton_Click(sender As Object, e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles ReloadButton.Click
    WebBrowser1.InvokeScript("eval", "location.reload()")
  End Sub

エミュレーターの表示方向が変化する時に発生するイベント

エミュレーターが横向きになった時はWebBrowserのWidthの値を広くとります。
  Private Sub MainPage_OrientationChanged(sender As Object, e As Microsoft.Phone.Controls.OrientationChangedEventArgs) Handles MyBase.OrientationChanged
    WebBrowser1.Width = Me.ActualWidth
  End Sub
End Class

今回でWindows Phoneの基本編のプログラム解説は終了です。いかがでしたか?この最終回の連載が掲載される頃には、Windows Phoneの実機が、発売されている「かも」しれません。ぜひWindows Phoneのプログラミングをマスターして楽しんでもらいたいと思います。

また先日、Silverlight for Windows Phone ToolkitのWindows Phone SDK 7.1対応版がリリースされました。URLは下記です。
→参照:Silverlight Toolkit(「August2011」版です)

今回のツールキットは、Windows Phone 7.5の環境での動作をベースにチューニングが行われています。特に日本では、Windows Phone 7.5の環境がスタートするため、是非、今回のツールキットへのアップデートをお勧めします。

まだまだ、紹介したい機能がありますが、それはまた別な機会に、ということで。

ありがとうございました。

Think IT会員限定特典
  • 「翻訳された英文の表示と読み上げ」サンプルプログラム_1

  • 「翻訳された英文の表示と読み上げ」サンプルプログラム_2

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています