PR

VMware vCenter CapacityIQの基礎知識

2011年9月7日(水)
沢田 礼子

CapacityIQを構成するソフトウェアコンポーネント

次に、CapacityIQを構成するソフトウェアコンポーネントについて説明しておきましょう。

図2:CapactyIQのコンポーネント(クリックで拡大)

図2に示したように、CapacityIQを構成するソフトウェアコンポーネントには、CapacityIQ Administrativeサービス、CapacityIQサーバー、データベースサービス、データコレクターサービスがあります。それぞれのコンポ―ネントの概要は、次のとおりです。

CapacityIQ Administrativeサービス
CapacityIQ Administrativeサービスにより、CapacityIQの管理用ユーザーインターフェース(Admin Portal)を提供します。このインターフェースを介してCapacityIQサーバーの基本設定を構成します。監視対象のvCenterサーバー登録、管理用パスワードの変更、サービスの停止・起動、SMTPなどを設定します。
CapacityIQサーバー
CapacityIQアプライアンスには、CentOSおよびCapacityIQアプリケーションが含まれており、CapacityIQプロセスはwatchdogによる稼動監視が行われています。
データベースサービス
CapacityIQ仮想アプライアンスにはデータベース(PostgreSQL)が含まれています。このデータベースには、CapacityIQの設定やvCenterサーバーから取得した仮想環境のパフォーマンス・インベントリ情報を保存するように設定されています。なお、CapacityIQサーバー以外の外部データベースへのデータ格納はサポート対象外です。
データコレクターサービス
データコレクターサービスは、vCenterサーバーの443ポートを利用してvCenterサーバーが保持している仮想環境のパフォーマンス・インベントリ情報を収集します。

また、CapactyIQのソフトウェアコンポ-ネントと通信する外部コンポーネントは、vCenterサーバーとCapacityIQ plug-inです。これらのコンポーネントの概要は、次のとおりです。

vCenterサーバー
CapacityIQサーバーは、vCenterサーバーシステムに対してセッションを保持します。CapacityIQサーバーは、vCenterサーバーのデータベースからパフォーマンスデータ・インベントリ情報を取得します。CapacityIQサーバーのデータ収集のためにvCenterサーバーのログレベルを変更する必要はありません。
CapacityIQ plug-in
CapacityIQサーバーからvCenterサーバーを登録した後、vSphere ClientでそのvCenterサーバーに接続すると自動的にCapacityIQ plug-inが表示されます。

CapacityIQの動作要件

VMware社によって構成された仮想アプライアンスはCentOSで構成され、その上でCapacityIQサービスが稼働しています。仮想アプライアンスのデフォルトスペックは以下となります。

  • CPU:2vCPU
  • メモリ:3600MB
  • ディスク:
    • 割り当てる容量:258GB(シックディスク)
    • 実行容量:12GB(シンディスク)

また、CapacityIQのバージョン1.5.xで管理できる台数は、1000台のESX/ESXi、起動中の仮想マシン6000台、インベントリーに登録されている仮想マシン8000台です。

株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMware製品のプリセールスや仮想化インフラ構築に従事するとともに、VMwareプロダクトのトレーナーを担当。
国外の医学部を卒業後に医師を目指すも、紆余曲折の後IT業界に身を投じる。某大手クライアントのカスタマーサポートセンター、Windows系インフラ構築プロジェクト、Webアプリケーション系運用構築などを経てネットワールド社に入社。趣味は「自宅で仮想化」「三味線」「ネイルアート」など。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

VMware vCenter CapacityIQの基礎知識 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。