PR

Cloudforce Japan 2012 徹底特集

2012年12月13日(木)
阿部 友曉

クラウドインテグレータ

クラウドを専業にしたSIerは、クラウドインテグレータと呼ばれています。独立系のクラウドインテグレータはまだまだ数が少ないのですが、その中の最大手の一社、アピリオにお話を聞くことができました。

アピリオ Inc.

http://www.appirio.com/jp/

2006年に設立されたアピリオは、米国に本社を構えています。日本には、現在約40名のスタッフがいます。セールスフォースから出資も受けており、Salesforce、そしてAWS(Amazon Web Services)やGoogle App Engineといったクラウドテクノロジーを活用したシステム開発、コンサルティングを専業としています。

アプリオのブース
アピリオのブース

同社では、デベロッパーとコンサルタントを両立できる人材を採用するという方針をとっています。クラウドにおける開発プロジェクトは、コンサルティングと開発業務の垣根が曖昧で、さらにアジャイルなプロジェクト推進が求められます。また、開発の難しさや複雑さは、クラウドの中に隠蔽されることが多く、技術力だけではなく、顧客とのコミュニケーション、問題解決の提案力などが求められます。そのような背景の中、同社の採用方針は、クラウドインテグレータとしてのスタイルを追求する中で導き出された必然であるという印象を受けました。

Developer Zone

Developer Zoneと名付けられたスペースでは、開発者向けの様々な催しが行われました。

Developer Zoneの様子
Developer Zoneの様子

その中でもMini Hackコーナーでは、ハッカソンのようなイベントが開催されました。

賞品の一覧
Mini Hackコーナーの豪華な賞品

開発中の開発者たち
Mini Hackコーナーでの開発中の開発者たち

Mini Hackコーナーでは、いくつかの開発課題が提示されました。参加している開発者たちは、その場で開発を行い、課題の要件を満たしていることが認められればクリアとなります。課題は合計6つ提示され、先着順に応じて賞品が贈られました。


課題には、以下のようなものがありました。


■■ Force.comインテグレーション Mini Hack ■■

<課題>
Force.comアプリケーションとHerokuでホストされるWebサービスを統合しよう!

<要件>


  • Force.com Developer Editionのアカウントが必要です(新しく作成される場合はhttp://bit.ly/dfcjsignup )。
  • 役職「CEO」の取引先責任者が新しく作成されると、その姓/名/役職/メールアドレスがメッセージタイプの情報と共に、Webサービス(http://cfj-minihack.herokuapp.com)に送信されるようにしてください。
  • Webサービスへのデータの送信には、次のようなJSON形式を使用してください。
  • {   “firstName”:   “Marc”,   “lastName”:   “Benioff”,   “email”:     “ceo@salesforce.com”,   “msg_type”:   “ceo alert” }

    また、パートナーブース、セッションブースも設けられており、パートナー各社によるSalesforceの開発者を対象にした発表が行われました。


    ビジネスマンを対象にしたほかのスペースとは異なり、Developer Zone全体としては、開発者を対象にした独特の空気がありました。イベントの最後には開発者によるLTも行われ、Web系スタートアップのイベントに来ているような感覚でした。他のエンタープライズIT系のイベントではなかなか見られない体験でした。

株式会社ウフル
携帯着うたシステム開発、ネットラジオサイト「ねとらじ」創設、デジタルサイネージシステム開発とインターネット畑を気ままに歩き回る。現在はウフル社にて、クラウドシステム開発を通じてインターネット技術の他分野への応用を追求中。最近は音楽配信、車載メディアUXも研究している。堅い世界を柔らかく届けるのが楽しみ。情報技術のイグノーベル賞を目指したい。趣味は去年から始めた茶道。Force.comを中心とした記事を多数執筆中。最新刊『はじめてのForce.com セールスフォース構築入門』(インプレスジャパン刊)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています