PR

PostgreSQLエンタープライズコンソーシアムが発足初年度活成果を発表

2013年4月24日(水)
Think IT編集部

PostgreSQLエンタープライズコンソーシアム(以下:PGECons)は4月22日、団体設立初年年度である2012年の活動成果を日本ヒューレット・パッカード株式会社本社にて発表した。

PostgreSQLエンタープライズ領域への普及を目指した活動

PGECons(https://www.pgecons.org/)は2012年4月にPostgreSQL本体および各種ツールの情報収集と提供、整備などの活動を通じて、ミッションクリティカル性の高いエンタープライズ領域へのPostgreSQLの普及を推進することを目的として、業務として多くのPostgreSQL導入実績を持つ発起人企業10社によってされた設立された団体である。

設立1年目に関わらず、今日では正会員16社、一般会員23社まで会員企業が増加し、Think IT読者にも馴染みのある名だたる企業が名を連ねている。

団体の活動母体の「技術部会」を中心に継続して活動を行っている。

「性能」「設計運用」両面での活動成果

「技術部会」では市場ニーズを集計した現状問題の課題整理を行い、PGEConsとして解決可能な実行性の高い課題の議論を重ね、その結果2つのワーキンググループにて活動を行った。「ワーキンググループ1:性能ワーキンググループ」と「ワーキンググループ2:設計運用ワーキンググループ」の2グループ体制での活動である。

大規模DBを見据えたPostgreSQLの性能検証(WG1)

「性能ワーキンググループ」(以下:WG1)では、活動役割を「ミッションクリティカル性の高いエンタープライズ領域への適応に向けて、本体・周辺ツールに関する技術ノウハウの共有」と位置づけ、2012年度の活動テーマを「スケールアップ検証」、「スケールアウト検証」に掲げた。

「スケールアップ検証」ではサーバーのマルチコア化の進む現状を考慮し、従来公表されて居る64コアCUPを上回る80コアCPUマシンを用いて、PostgreSQL9.2での検索スケールアップ検証を行った。その結果、コア数と同数の80クライアントまでの性能向上が確認された。

「スケールアウト検証」では3種の異なるスケールアウトソリューションを用いてユーザー企業での利用シチュエーションから検証を行った。

PostgreSQL9.2カスケードレプリケーション(非同期)でのシミュレーション・モデルを想定したノード数の変化によるマスタDBの更新性能を検証を行った。その結果レプリケーションノードの増加による更新性能に与える影響は小さい事を確認した。

PostgreSQL 専用の多機能ミドルウェアである「pgpool-Ⅱ」(Think IT関連記事)を用いたスケールアウト検証ではノード数の増加によって、更新系処理では性能が劣化し、参照系処理では性能が向上するをとが確認された。

大規模システムを想定したデータベースクラスタである「Postgres-XC」(Think IT関連記事)によるスケールアウト検証ではノード数の増加数に応じて更新情報系では、スケールアップを確認し、参照処理系スではデータ量が多い時にスケールアップする事が確認された。

PostgreSQL適用するための検討ポイントについて(WG2)

「設計運用ワーキンググループ」(以下:WG2)では活動役割を「エンタープライズ領域へのPostgreSQL普及促進の為にPostgreSQLの経験の少ないDG技術者に向けた情報発信を旨とし、他のDBMSと比較した際の優位性・注意次項を明文化し、システム更新時の検討項目・手順を作成」と位置づけ、2012年のテーマを「異種DBMSからPostgreSQLへの移行」と掲げた。

異種DBMSからPostgreSQLへの移行作業の調査と共に検証時の実際のアプリケーションコードも発表し、「DB移行フレームワーク」「システム構成調査」「異種DB間連携調査」「スキーマ移行調査」「SQL移行調査」「ストアドプロシージャー移行調査」「組み込み関数移行調査」「データ移行調査および実践」「アプリケーション移行実践」と各フェーズに分け、作業文書の構成作成、注意点、具体手順までを文書化している。

業務として顧客へPostgreSQL導入を行う現場で直面する課題

WG1、WG2共に非常に充実した成果内容と言える。前述の詳細な成果レポートはドキュメントとしてPGEConsのWebサイト(target="_blank":https://www.pgecons.org/)からダウンロード可能として広く開示されている。設立初年度にも関わらず、活動意義に賛同した会員企業からのドネーション、通常業務抱えながら運営も含めた参加メンバーの人的支援によって、PGECons設立意図は十二分に達成されていると感じられた発表会であった。月日を重ねる毎に、DBに関わる多くの企業・人にとって直面する課題に対して、問題解決の参考となる情報がさらに蓄積されてゆくことであろう。

読者諸氏もPEGConsの今後の発表に注目してはいかがだろうか。

> PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアム

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています