PR

競技部門1位のチームメンバーが解説する、ETロボコンの攻略ポイント(後編)

2013年4月18日(木)
岡嵜 雄平

1. 本記事について

本記事は、ETロボコン2012の競技部門において優勝した、チーム「猪名寺駅前徒歩1分」の活動内容を、チームメンバーが書き綴っています。後編では関西地区大会〜チャンピオンシップ大会(以下、CS大会)の活動内容、年間を通しての振り返りについて記載します(関西地区大会までの活動内容については、前編を参照ください)。

2. 関西地区大会

関西地区大会は2012年9月16日に開催されました。関西地区大会で我々のチームは競技部門で優勝、モデル部門ではシルバーモデルを受賞し、総合部門でも優勝することができました。

2.1. 直前リハーサル

関西地区大会1週間前、チームでの最終リハーサルを行いました。これは、大会本番での操作ミス、調整の漏れを防止するためです。

大会本番は大勢の観衆の前で走行体を調整し、走らせます。このため、会場全体がただならぬ緊張感に包まれ、どうしてもミスしがちなのです。実際、我々のチームはETロボコン2011にて、操作ミスが原因でボーナスステージの攻略に失敗しました。

その経験を活かし、当日の流れを事前に把握しておくためにリハーサルを実施したのです。

リハーサルにて確認したことを下記に記載します。

<走行調整のリハーサル>

  • どのような順番で調整していくのか?
  • 想定するトラブルと対策方法
  • 各メンバーの役割

<競技部門本番のリハーサル>

  • ステージに上る前の確認点(ケーブル接続とBluetoothペアリング)
  • キャリブレーション〜スタートの手順
  • インタビューの受け答え

2.2. 関西地区大会当日

いよいよ関西地区大会当日。大会は京都にて開催されたため、早朝からの移動となりました。

会場に着いてすぐに走行調整が始まります。やはり、リハーサルのおかげで慌てることなく準備できました。

我々のチームの強みは「短時間での調整に強い」という点にあると考えています。短時間で調整を終えられる秘密は、「調整手順をシナリオ化していること」と「メンバー全員が走行状態を見て、できるだけ案を出すこと」の2点にあります。前者については、作成したシナリオに沿って調整していくことで、慌てずに調整ができます。また後者については、全員が走行調整に関与することで、特定のメンバーに責務が集中することがなくなります。結果、それがメンバー全員の落ち着きにつながっているのです。

20分×2セットの走行調整が終わると、競技部門の本番まで1時間ほど休憩となります。ETロボコン2011では本番前の緊張もあり、会場内のピットにて待機していたのですが、ETロボコン2012では「万全の状態」であったため、チームでランチを食べに行くことができました。これも精神的に余裕があったためでしょう。

いよいよ、競技部門本番です。第1走目がアウトコース、第2走目がインコースでした。本番直前もリハーサル通りに、ケーブル接続やBluetoothペアリングを確認しました。

第1走目のアウトコースは、階段・シーソーという立体難所が待ち構えています。「尻尾で立体難所を攻略する」という思惑通り、無事に難所をクリアし、完走しました。第2走目のインコースも、ルックアップゲート・ドリフトターンを無事に攻略し、またしても完走することができました。さらに、ベーシックステージも最速ペースでの走行でした。結果、競技部門で優勝することができました。

図1:地区大会本番、立体難所をクリアする様子(クリックで拡大)
左が「階段」、右が「シーソーダブル攻略」です。

そして、いよいよモデル部門の成績発表。シルバーモデルに選ばれたのは、なんと「猪名寺駅前徒歩1分」でした。結果、総合部門でも優勝し、目標であったCS大会出場を決めることができました。

図2:結果発表
見事に総合優勝。歓喜の瞬間でした。
三菱電機マイコン機器ソフトウエア(株)

1989年生まれ。山口県下松市出身。徳山工業高等専門学校卒業。
FA分野における組込みS/Wの設計・開発に従事している。ETロボコン2012では「猪名寺駅前徒歩1分」のチームメンバーとして参加、チャンピオンシップ大会の競技部門にて優勝した。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事