PR

Pandora FMSによるカスタムグラフ、カスタムレポートの作成

2014年8月4日(月)
株式会社アールワークス

今回は、Pandra FMSの実力を探りつつ、カスタムグラフ、カスタムレポートの作成と、時間帯によるアラート通知先の変更の方法を紹介する。

カスタムグラフの作成方法

ここでは、前回で述べた「システム情報の活用」で、SNMPコンソールを利用して登録した、ネットワークインタフェースの送受信オクテット数のグラフ作成を例にして、カスタムグラフの作成方法を説明する。

まず、管理メニューの「レポート管理」にある「グラフビルダー」をクリックするとグラフ管理画面になる。1つもカスタムグラフを作成していない場合には、図1のような画面が表示される。

図1 グラフ管理画面
図1:グラフ管理画面

ここで「グラフ作成」をクリックすると、グラフ作成画面になるので、適宜フィールドを埋めて、「作成」をクリックする。このとき、各フィールドの値は後から修正できるので、あまり深く考えずに、名前だけ設定して作成してしまおう。

作成に成功すると、「グラフを作成しました」というメッセージが表示され、画面右上にアイコンメニューが表示される(図2)。

図2 グラフ作成直後のグラフ作成画面
図2:グラフ作成直後のグラフ作成画面

グラフに表示するデータの選択は、グラフ編集画面で行う(図3)。グラフ編集画面は、グラフビルダー画面のスパナアイコンをクリックすると、アクセスできる。ここで、エージェントを選択すると、エージェントに登録されているモジュールが表示されるので、モジュールを選択し、「追加」をクリックする。

図3 グラフ編集画面
図3:グラフ編集画面

このとき、正常に追加できたら、「モジュールを追加しました」というメッセージが表示され、グラフ編集画面に追加したモジュールの一覧が表示されるようになる(図4)。モジュールを追加したら、アイコンメニュー左端のプレビューアイコンをクリックし、グラフ表示を確認しよう(図5)。

図4モジュール追加後のグラフ編集画面
図4:モジュール追加後のグラフ編集画面
図5 グラフプレビュー画面
図5:グラフプレビュー画面

プレビュー画面では、描画するデータの期間のほかに、グラフの描画方法(塗り潰しか折れ線か、および積み上げるか積み上げないか)も変更できるので、ここで見栄えを確認し、必要に応じてグラフの設定を変更しよう。このグラフの設定画面には、アイコンメニューのドライバーアイコンからアクセスできる。

  • 1
著者
株式会社アールワークス
1985年に株式会社アステックとして創業。2000年10月の株式会社アールワークス設立を経て、2005年6月より現在の1社体制に移行。同時に、社名を(株)アールワークス(Rworks, Inc.)に変更。
設立以来、IDC事業やITマネージドサービスを行い、そこで培ったネットワークインフラの運用ノウハウや、さまざまなソフトウェアを開発した技術力を結集し、現在、ITシステムのリモート運用サービスをはじめとして、インフラ構築、ハウジングやホスティングサービス、SaaS/ASP型のシステム監視基盤の提供を行う。単純なオペレーターではない技術提供をベースにした24時間365日の統合的なフルマネージドサービスを提供している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Pandora FMSによるカスタムグラフ、カスタムレポートの作成 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。