PR

Pandora FMSを使った具体的な監視運用設計の実装

2014年7月7日(月)
株式会社アールワークス

監視運用設計を実践的に見てみる

ここでは、以前説明した監視要件定義を中心に、これまで述べてきた監視運用のポイントについて、「Pandora FMS」を使った具体的な実装の仕方を説明する。

その前に、Pandora FMSの機能について、もう少し詳しく見ていく。Pandora FMSは、大きく次の4つのコンポーネントに分かれている(図1)。

図1 Pandora FMS のアーキテクチャ
図1:Pandora FMS のアーキテクチャ
  1. 監視を行うサーバー
  2. 管理インタフェースであるコンソール
  3. 監視対象であるエージェント
  4. すべてのデータが保存されるデータベース

まず、これらのコンポーネントについて説明しよう。

Pandora FMSサーバー

Pandora FMSサーバーは、ICMP、SNMP、TCPおよびWMI(WindowsManagementInstrumentation)※1でのリモートからのポーリング監視や監視サーバー上での任意のコマンドを使った監視のほか、SNMPトラップや、「ソフトウェアエージェント」から送信されてくるデータを使った監視を行う。

※1 WMI(Windows Management Instrumentation)は、Windowsリソースへのアクセス、構成、管理、および監視を可能にする管理基盤で、スクリプト言語やプログラミング言語から、CPU使用率のようなリソース情報を取得したり、サービスの再起動といったタスクを実行したりすることができる。WMIはローカルコンピュータだけでなく、リモートコンピュータの管理にも利用できる。詳細は、Microsoft社のTechNetの次のURLを参照して欲しい。
参考:WMI の FAQ: トラブルシューティングとヒント

ソフトウェアエージェントとは、監視を対象とする機器にインストールして使うソフトウェアのことで、これについては後ほど詳しく説明する。

また、PandoraFMSサーバーには、こうした監視機能のほかに、監視対象の自動検出機能や、収集した過去のデータに基づくデータ予測を用いた監視を行う機能もある。

さらに、エンタープライズ版には、次の機能がある。

  1. フォーム入力やWebページ遷移の確認といった、いわゆるシナリオ監視を行う機能
  2. 他のPandoraFMSサーバーに収集したデータをコピーする機能
  3. 監視対象機器のハードウェア構成やインストールソフトウェア情報といったインベントリ情報※2を収集する機能

※2 インベントリ情報:ITの分野では、組織が保有ないし管理するIT資産に関するデータをインベントリと呼ぶ。CPU、メモリー、ハードディスクといった部品に関する情報もインベントリである。

Pandora FMSでは、これらの機能を、独立した下位のサーバーとして実装しており、機能の追加や不要な機能の無効化が容易になっている。Pandora FMSサーバーについての一覧を、表1にまとめたので参考にしていただきたい。

表1 Pandora FMSのサーバー一覧
サーバー 機能
データサーバー 監ソフトウェアエージェントからのデータ受信
ネットワークサーバー ICMP、SNMP および TCP リクエストを使った情報収集
SNM Pサーバー SNMP トラップの受信
WMI サーバー Windows Management Instrumentaion を使った情報収集
自動検出サーバー 監視対象機器(エージェント)の自動検出
プラグインサーバー 任意のコマンドの実行による情報収集
予測サーバー 収集データを使った数値予測に基づく監視
Webサーバー ウェブシナリオ監視(フォームヘのデータ入力、コンテンツ チェックなど)
エクスポートサーバー 収集データを他のサーバーへコピー
インベントリサーバー インベントリ情報の収集
イベントサーバー 発生したイベントに基づく監視
  • 1
著者
株式会社アールワークス
1985年に株式会社アステックとして創業。2000年10月の株式会社アールワークス設立を経て、2005年6月より現在の1社体制に移行。同時に、社名を(株)アールワークス(Rworks, Inc.)に変更。
設立以来、IDC事業やITマネージドサービスを行い、そこで培ったネットワークインフラの運用ノウハウや、さまざまなソフトウェアを開発した技術力を結集し、現在、ITシステムのリモート運用サービスをはじめとして、インフラ構築、ハウジングやホスティングサービス、SaaS/ASP型のシステム監視基盤の提供を行う。単純なオペレーターではない技術提供をベースにした24時間365日の統合的なフルマネージドサービスを提供している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています