PR

統合運用管理システムとしてのPandora FMSの実力を探る

2014年7月28日(月)
株式会社アールワークス

運用設計

これまでの数回では主に監視について述べたが、ここからは少し運用よりの話をしよう。

Pandora FMSが単純な監視ツールとしてだけではなく、「大規模システムやクラウド環境に適した運用設計」について述べた一連の記事(第7回 - 第13回)で述べたように、「統合運用管理システム」として統合的に活用できる特長が、よくわかるだろう。

障害管理

皆さんは、発生した障害に対して、「どのように対処し復旧させたか」といった情報を、監視システムとは別に管理していることはないだろうか。

Pandora FMSには、ExcelやCVSファイルへのエクスポート機能はないが、インシデント管理機能をもっている。これらは、インシデントの所有者や状態の変更のほか、コメントの追加やファイルの添付など、障害への対応履歴を管理したり記録したりできる(図1)。

図1 Pandora FMS のインシデント機能
図1:Pandora FMS のインシデント機能

さらに、Pandora FMSには、インシデント管理機能が、監視により発生したイベントと連携するような仕組みが用意されている。例えば、「障害」を検知すると、コンソールにイベントが表示されるが、そのイベントから新たなインシデントを作成することができる(図2)。この仕組みは、監視システムにインシデント管理機能が統合されている大きなメリットだ。

図2 イベントからインシデントを作成
図2:イベントからインシデントを作成

もちろん、よりきめ細かいインシデント管理が必要な場合には、外部のインシデント管理システムと連携させることも可能である。PandoraFMS4.0では、外部のインシデント管理システムとして、Pandora FMSの開発元であるArtica社が開発し公開している「Integria IMS」がサポートされている。

  • 1
著者
株式会社アールワークス
1985年に株式会社アステックとして創業。2000年10月の株式会社アールワークス設立を経て、2005年6月より現在の1社体制に移行。同時に、社名を(株)アールワークス(Rworks, Inc.)に変更。
設立以来、IDC事業やITマネージドサービスを行い、そこで培ったネットワークインフラの運用ノウハウや、さまざまなソフトウェアを開発した技術力を結集し、現在、ITシステムのリモート運用サービスをはじめとして、インフラ構築、ハウジングやホスティングサービス、SaaS/ASP型のシステム監視基盤の提供を行う。単純なオペレーターではない技術提供をベースにした24時間365日の統合的なフルマネージドサービスを提供している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています