PR

Pandra FMSならではの便利な監視設定

2014年7月22日(火)
株式会社アールワークス

前回で述べてきた監視は、Pandora FMSでなくても行えるものばかりである。今回は、Pandora FMSならではの、より便利な監視設定を見ていく。

Pandora FMSのエンタープライズ版のサービス監視機能

ここまでに述べてきた監視を行うだけでもシステムの監視は十分に行えるが、例えばWebサーバーは5台あるのだから、2台がダウンした程度であれば軽度の障害として扱い、また障害が発生したのが夜間や休日であるなら、障害の対応は翌営業日とするような運用にしたい、と思ったことはないだろうか?

そのようなとき、Pandora FMSでは、エンタープライズ版のサービス監視機能を使うことで、希望する運用を行うことができる。Pandora FMSのサービス監視機能は、複数の監視項目を1つのサービスとして扱い、一定数の監視項目が障害となった場合に初めて、サービスとしての状態を障害とする監視機能である。

「サービス」を作成

Web1~Web5それぞれに、Webサーバープロセスの応答を監視するモジュールを登録する。ここでは、そのモジュールを「HTTP応答」という名前で作成したとしよう。

続いて、Web1~Web5の「HTTP応答」を関連付ける、「サービス」を作成する。システム管理メニューの「サービス」→「作成」をクリックすると、サービス作成画面が表示される(図1)。ここでは名前に「ウェブサービス」、障害に「3」、警告に「1」を入力している。

image
図1:サービス作成画面

監視項目編集画面を表示

「作成」をクリックすると、サービスが作成される。サービス作成直後は、対象となるモジュールが選択されていないので、引き続き、画面右上に並んでいるアイコンのうち、一番左のスパナのアイコンをクリックする。すると、「サービスエレメントが定義されていません」と表示されるサービスエレメント管理画面になるので、「作成」をクリックする。クリックすると、監視項目編集画面が表示される)。

この監視項目編集画面では、サービスの対象とするモジュールを登録する。

「障害」「警告」「正常」の3つのウエイトには、モジュールが各状態にあるときのウエイトを設定する。図2では、Web1エージェントのHTTP応答モジュールを対象に、障害ウエイトを「1」、それ以外のウエイトには「0」を設定している。

図2 監視項目編集画面
図2:監視項目編集画面
著者
株式会社アールワークス
1985年に株式会社アステックとして創業。2000年10月の株式会社アールワークス設立を経て、2005年6月より現在の1社体制に移行。同時に、社名を(株)アールワークス(Rworks, Inc.)に変更。
設立以来、IDC事業やITマネージドサービスを行い、そこで培ったネットワークインフラの運用ノウハウや、さまざまなソフトウェアを開発した技術力を結集し、現在、ITシステムのリモート運用サービスをはじめとして、インフラ構築、ハウジングやホスティングサービス、SaaS/ASP型のシステム監視基盤の提供を行う。単純なオペレーターではない技術提供をベースにした24時間365日の統合的なフルマネージドサービスを提供している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています