PR

開発したユニバーサルアプリを実際にストアに申請、登録するまで

2014年7月29日(火)
薬師寺 国安

はじめに

今回は、ユニバーサルアプリ開発の仕上げとして、前回作成した「日本語音声読み上げ」アプリを、実際にWindows ストアやWindows Phone Developer Centerで申請してみましょう。

申請に必要なMicrosoftアカウントと開発者アカウントは既に取得しているものとして解説します。まだアカウントを取得されていない方は、下記のURLを参考にして取得してください。
参考:Windows Phone と Windows ストアの開発者になりましょう!

ユニバーサルアプリの申請方法

各ロゴ画像を作成する

「Speech(Windows 8.1)」と「Speech.WindowsPhone(Windows Phone 8.1)」用のロゴを作成します。各ロゴはAssetsフォルダー内に配置されています。
「Speech(Windows 8.1)」では表1のロゴを作成します。

ロゴ名 サイズ
Logo.png 150×150
SmallLogo.png 30×30
StoreLogo.png 50×50
SplashScreen.png 620×300
表1:「Speech(Windows 8.1)」に必要なロゴ

「Speech.WindowsPhone(Windows Phone 8.1)」では表2のロゴを作成します。

ロゴ名 サイズ
Logo.png 150×150
WideLogo.png 310×150
SmallLogo.png 44×44
StoreLogo.png 50×50
SplashScreen.png 480×800
Square / Logo.png 71×71
表2:「Speech.WindowsPhone(Windows Phone 8.1)」に必要なロゴ

画像処理ソフトなどを使ってこれらの画像を作成したら、各Assetsフォルダー内にある画像をすべて削除します。
次に、Assetsフォルダーを右クリックして表示されるメニューから、[追加]−[既存の項目]と選択して、作成したロゴを読み込みます。その後、各プロジェクトの「Package.appxmanifest」をダブルクリックして開き、「ビジュアル資産」タブを選択しします。
この時、「Speech(Windows 8.1)」の場合は表1のロゴが、「Speech.WindowsPhone(Windows Phone 8.1)」の場合は、表2のロゴが読み込まれているかを確認します。画像のサイズが異なっている場合などは赤丸に×が表示されますので、修正の上、それぞれのロゴ下に書かれたサイズの横にある[・・・]ボタンをクリックして、正しいロゴを読み込みなおしてください。

アプリケーション名を決める

ソリューションエクスプローラー内で「Speech(Windows 8.1)」プロジェクトを選択状態にして、VS2013メニューの[ストア]ー[アプリケーション名の予約]を選択します(図1)。

図1:「アプリケーション名の予約」を選択する(クリックで拡大)

サインインを求められるので、「アプリの提出」画面で「アプリ名」を指定し、[アプリの名前の予約]をクリックします(図2)。

図2:「アプリ名」を指定する(クリックで拡大)

指定したアプリ名が使用できる場合は[保存]ボタンが表示されますので、クリックします。
図3のような画面が表示されます。ここで、いったん申請処理を止めておきます。

図3:「日本語音声読み上げ: リリース 1」の画面が表示される(クリックで拡大)

アプリケーションストアと関連付ける

ソリューションエクスプローラー内の「Speech(Windows 8.1)」と「Speech.WindowsPhone(Windows Phone 8.1)」のプロジェクトをそれぞれ選択して、マウスの右クリックで表示されるメニューから「ストア」を選択し、「アプリケーションをストアと関連付ける」を実行してください。表示される画面の指示に従っていけばOKです。

「Speech(Windows 8.1)」プロジェクトの「アプリケーションをストアと関連付ける」を実行した後、引き続き、「Speech.WindowsPhone(Windows Phone 8.1)」のプロジェクトの「アプリケーションをストアと関連付ける」を実行した際、エラーが表示される場合がありますが、しばらく時間を置いて実行すると、問題なく関連付けが成功します。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事