PR

簡単なプログラムでユニバーサルWindowsアプリの動作を確認する

2014年7月15日(火)
薬師寺 国安

開発環境の構築

前回は「ユニバーサルアプリとは何か?」について解説しました。今回は、その「ユニバーサルアプリ」を開発するための開発環境構築について解説します。

64bit版Windows 8.1 Professional以上のOS

まずOSについてですが、2014年4月にリリースされたWindows 8.1 Update(x64)が適用されている必要があります。

Windows 8.1 Update(x64)のダウンロード先は下記です。
参考:x64 ベース システム用 Windows 8.1 Update (KB2919355)

Windows 8.1 Updateをインストールすると、スタート画面に、「電源アイコン」や「検索アイコン」が追加されますので、正常にアップデートされたかどうかの確認ができます(図1)。

図1:Windows 8.1 Updateを適用するとスタート画面に「電源アイコン」や「検索アイコン」が追加される(クリックで拡大)

Visual Studio 3013 Update2 RTM適用済みのVisual Studio 2013(以降VS2013)

Visual Studio 2013 Update2 RTM版は下記のURLよりダウンロードできます。
参考:Microsoft Visual Studio 2013 Update 2

また、Update2の適用された無料のVisual Studio 2013 Expressは下記のURLよりダウンロードできます。
参考:Visual Studio のダウンロード

Express版にはいろいろなエディションが用意されていますが、今回ダウンロードするのは、「Visual Studio 2013 Update 2 for Windows」です(図2)。

他にも、Visual Studio Express 2013 for Webや、Microsoft Visual Studio Express 2013 for Windows Desktopがダウンロードできます。

図2:Visual Studio 2013 Update 2 for Windows をダウンロードする(クリックで拡大)

Visual Studio 2013 Update2 RTM版を適用すると、VS2013に「ユニバーサルアプリ」のテンプレートが表示されます(図3)。

図3:Visual C#のストアアプリに「ユニバーサルアプリ」のテンプレートが追加された(クリックで拡大)

SLATをサポートするPC

SLAT(Second Level Address Translation)対応のPCはWindows Phone 8.1エミュレーターを動作させるのに必要です。

詳細については下記のMicrosoftエバンジェリストのブログを参照してください。
参考:Windows Phone SDK 8.0 ダウンロードポイント と Second Level Address Translation (SLAT) 対応PCかどうかを判定する方法

自分のマシンがSLATに対応しているかどうかのチェックは、上記URLに記載されている、「MachineSLATStatusCheck」のツールを下記のURLよりダウンロードして実行すると確認できます。
参考:MachineSLATStatusCheck

筆者がダウンロードして試したところ、図4のように表示されました。筆者のマシンはSLATに対応しているようで一安心です。

図4:MachineSLATStatusCheck を実行して筆者のマシンがSLAT対応かどうかをチェックした

以上で、今回開発する環境は、Windows 8.1 Enterprize+Update+Visual Studio 2013 Express for Windows+Update2という環境になります。

では、環境も整ったところで、ユニバーサルアプリの第1歩を踏み出しましょう。

Think IT会員限定特典
  • ユニバーサルWindowsアプリの簡単なサンプル

    『ユニバーサルWindowsアプリ開発』 第2回のサンプルプログラムです。
薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています