PR

Webサーバー Apacheの設定と起動

2015年3月23日(月)
大月 宇美(おおつき たかみ)できるシリーズ編集部

wordpressディレクトリの設定を変更する

httpd.confを修正する

Apacheの設定ファイルhttpd.confを修正

[root@www ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf⏎

WordPressで使用しているディレクトリのみ設定を変更

#
# Controls who can get stuff from this server. (1)
#
    Order allow,deny
    Allow from all

</Directory>

    <Directory "/var/www/html/wordpress/">
        AllowOverride All (2)
    </Directory>
#
  1. の下あたりに追加する
  2. /var/www/html/wordpress/にWordPressをインストールしている場合、AllowOverrideをAllに設定する。Allを指定すると、ディレクトリごとの設定を許可する

Apacheの再起動

httpd.confの設定変更を反映させる

[root@www ~]# service httpd restart⏎
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

AllowOverride Allの意味とは

WordPressのディレクトリにある.htaccess(hyper text access)ファイルは、ordPressのパーマネントリンク(パーマリンク)の機能に必要な設定が書かれています。そのため、wordpressディレクトリの.htaccessの設定が有効にならないと、パーマリンクが正常に動作しません。httpd.confの「AllowOverride All」は、.htaccessによる設定の変更を有効にするための設定です。

ファイアウォールの設定(Webサーバーへのアクセス)を変更する

Webサーバーへのアクセスを許可する

iptablesの設定を書き換える

[root@www ~]# vi /etc/sysconfig/iptables⏎

# Firewall configuration written by system-config-firewall
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp -m tcp --dport http -j ACCEPT (1)
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited (2)
COMMIT
  1. --dport 22の下に1行追加する
  2. http(80番)を開ける

保存して終了します。

設定を反映する

iptablesに設定した内容を反映する

[root@www ~]# service iptables restart⏎
iptables: チェインをポリシー ACCEPT へ設定中filter         [  OK  ]
iptables: ファイアウォールルールを消去中:                  [  OK  ]
iptables: モジュールを取り外し中:                          [  OK  ]
iptables: ファイアウォールルールを適用中:                  [  OK  ]
[root@www ~]#

ファイアウォールの設定

CentOS 6.xでは、インストールした状態では、Webサーバーが使う80番のポート(http)が閉じられています。このセキュリティ機能を管理しているのが、iptablesというソフトウェアです。Apacheの利用を開始するには、iptablesが管理している設定ファイル(/etc/sysconfig/iptables)を編集し、80番のポートを開けておく必要があります。

Webサーバーへのアクセスを確認する

アクセスできるかどうか確認します。CentOS上でFirefoxを起動し、「http://www.dekiru.gr.jp/」を入力して、Apache 2 Test Pageが表示されれば成功です。

※「www.dekiru.gr.jp」の部分は、設定したホスト名に読み換えてください。

Windowsクライアントのhostsファイルの確認

第10回目でWindowsのhostsファイルを変更した内容を確認します。hostsファイルを設定したクライアントからのみ、CentOSサーバーにアクセスできるようになります。

Windowsのコマンドプロンプトを起動しコマンドを入力

C:¥> type C:¥Windows¥system32¥drivers¥etc¥hosts⏎

(省略)

192.168.1.254   www.dekiru.gr.jp

Windowsからwww.dekiru.gr.jpにアクセスする

Apache 2 Test Pageが表示されれば、成功です。

この記事のもとになった書籍
できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

大月 宇美 著/できるシリーズ編集部 著
価格:2,500円+税
発売日:2014年12月19日発売
ISBN:978-4-8443-3732-4
発行:インプレスジャパン

できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

本書では、WordPressの導入と運用について、これから始めたいと思っている方を対象に、基本から応用へ、作業や操作を少しずつ、着実に進めていけるよう解説しています。

Impress詳細ページへ

著者
大月 宇美(おおつき たかみ)

1964 年、茨城県生まれ。コンピュータ商社、出版社勤務を経て1999 年に独立。コンピュータ書籍を中心に、執筆・編集・校正などを幅広く手がける。著書に『ひと目でわかるOutlook2013』(日経BP 社)、『新標準HTML & CSS3 辞典』(インプレスジャパン)ほか。

著者
できるシリーズ編集部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています