PR

XenServer 5.5によるサーバー仮想化を体験しよう!

2009年8月24日(月)
平田 敦

XenServerの各種設定におけるポイント

・インストールパッケージを選択する画面

 インストールCDからXenServerのインストールを行うため、[Local media]を選択します。
 なお、XenServerホストのインストール先のコンピューターがハードウエアによる仮想化支援機能(Intel VT、またはAMD-V)をサポートしていない場合やBIOS設定で無効になっている場合は、Windows仮想マシンを実行できないことを警告するメッセージが表示されますので、ご注意ください。

・Linux Packをインストールするかどうかを選択する画面

 Linux Packは、インストールしたXenServerホスト上でLinux仮想マシンを作成する場合に必要です。
 Linux Packをインストールする場合は、XenServerダウンロードサイトからLinux PackインストールCDイメージ(XenServer-5.5.0-linux-cd.iso)をダウンロードしますが、今回はWindows仮想マシンを作成するため、ここでは[No]を選択します。

・XenServerホストのルートパスワードの設定画面

 ルートパスワードはXenCenterからXenServerホストに接続する際に使用されます。任意のパスワードを入力して[OK]を選択します。
 なお、XenServer 5.5では、Active Directoryサーバーによる認証もサポートされますので、既存のActive Directory環境で、XenServerの管理者権限の制御を簡単かつ安全に行えます。

・XenCenterへの接続インターフェース(管理インターフェース)の設定を行う画面

 コンピューターに複数のNICがある場合は、XenServerの管理インターフェースとして使用するNICを選択する必要があります。使用するNICを選択して次のステップへ進みます。

・XenServerホストのホスト名の指定とDNSサーバーの設定を行う画面

 ホスト名とDNSサーバーを指定して次のステップへ進みます。

・XenServerホストのタイムゾーンを設定するための所在地を選択する画面

 適切なタイムゾーン設定を行い次のステップへ進みます。

・XenServerホストの日時を設定する画面

 [Using NTP](NTPによる自動設定)、もしくは[Manual time entry](手動設定)を選択します。なお、[Manual time entry]を選択した場合は、インストールの終盤で、システムの日時を手動で設定する画面が表示されます。

 以上でXenServerインストールのための情報設定は終了です。

 [Install XenServer]を選択してXenServerのインストールを実行します。インストールが開始されると進行状況バーが表示されます。

 「Installation Complete」画面が表示されたら、ドライブからCDを取り出して、XenServerホストを再起動します。再起動するとXenServerの起動画面が表示され、システム設定コンソールのxsconsoleが表示されます(図2-1参照)。

XenCenterのインストール

 XenCenterは、Windows上で動作する管理コンソールです。英語版のMSIパッケージはXenServerのインストールCDにも含まれていますが、ここでは先にダウンロードした日本語のMSIパッケージ(XenCenter.ja.msi)を使用してインストールを行います。

 Windows上で、日本語XenCenterのMSIパッケージをダブルクリックして、インストールウィザードを起動します。

 最初のようこそ画面にて[次へ(N)]をクリックして、インストールウィザードにしたがい、XenCenterのインストールを行います(図2-2参照)。

 XenCenterのインストール機能として、[XenCenter5.5]と[XenServer 4.0サポート]が表示されますが、XenServer 4.xホストを管理する必要が無い場合は[XenServer 4.0サポート]を選択する必要はありません。また、インストール先の変更もできます。デフォルトのインストール先は、“C:\Program Files\Citrix\XenCenter”です。

 インストールが完了すると、デスクトップおよび[スタート]メニューにXenCenterのアイコンが追加されます。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
外資系サーバーベンダーのシステムエンジニアを経て、2004年にシトリックスに入社。テクニカルサポート部にて、社内、社外のエンジニアに対する新製品の技術支援や技術トレーニングを行うプロダクトサポートスペシャリストとして従事した後、現在は、マーケティング本部で、プロダクトマネージメント、テクニカルマーケティング、新製品のレディネス業務などを担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています