PR

提供されるソフトウエアと構築活用のポイント

2009年9月10日(木)
米持 幸寿

パブリック・クラウドでの商用ソフトウエア提供

 「Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)」は、Amazon社が提供するIaaSです。AmazonのWebサイトを運営するシステムの一部を、仮想マシン(VM)として有償で貸し出すサービスです。

 書籍通販で有名なAmazon社では、Amazon Webサービスと称して、インターネット上での開発者に対して幅広い機能提供を行ってきました。Amazon EC2は、Amazon Webサービスの機能の一つです。

 IBMでは、次のソフトウエアについて、Amazon EC2で提供される仮想マシンECU(EC2 Compute Unit)に対して、1時間単位でライセンスを提供しています。1時間あたり数10セント~数ドル程度のライセンス料金となっているほか、いくつかのものは開発専用ライセンスのため無料です。

・IBM MashupCenter
・Lotus Forms
・Lotus Web Content Management
・WebSphere Portal Server
・WebSphere Application Server
・WebSphere eXtreme Scale
・WebSphere sMash
・IBM Informix Dynamic Server
・DB2 Workgroup
・DB2 Express/Express-Cの一部のエディション

 これらのソフトウエアは、AMI(Amazon Machine Image)と呼ばれるVMイメージとして、あらかじめAmazon EC2サイト内に準備されていますので、使いたいときに指定するだけですぐに使えます。

 Amazon EC2にはミドルウエアがあり、短時間の利用に便利です。テストなどのために数時間だけ使うような場合にも10分程度で利用開始が可能なため、インストールなどの手間をかけず、すぐに作業ができます。無償版もあるため、機能評価にも利用できます。また、1週間だけアプリケーションを運用したいといった場合でも、必要な分だけライセンス料を支払って本番運用することが可能で、ユーティリティー型のミドルウエア提供と言えます。

 また、ユーザー企業がお持ちのミドルウエア・ライセンスを使って、EC2上で運用することも可能です。IBMソフトウエアは、PVU(Processor Value Unit)というCPU能力に応じてライセンス料金を算出しますが、その単位も発表されています。

クラウド構築を支えるプロビジョニング製品

 IBMでは、プライベート・クラウドの複雑さを克服するために、「可視化」「コントロール」「オートメーション」の3つが必要と考え、これを「IBMサービス・マネジメント」というコンセプトとして打ち出しています。

・可視化
 ヘテロな仮想環境のパフォーマンスと可用性を可視化することにより、早い対応とより良い判断を可能とします。

・コントロール
 共有されたインフラストラクチャーとアプリケーションにセキュリティー管理を提供することでリスク、コンプライアンスを管理します。また共有リソースの使用率と仮想環境のコストをモニターします。

・オートメーション
 仮想リソースの運用管理に伴う複雑さを自動化し、オペレーションに機敏さと低コストをもたらします。

 プライベート・クラウドを構築する際、プロセッサーの動的配分に欠かせない技術に「プロビジョニング」があります。プロビジョニングとは、ある機能を使いたいと思ったときに、その機能を自動的に準備し稼働させる仕組みを提供するものです。プロビジョニングは、IBMサービス・マネジメントの重要な要素の一つです。

 IBMソフトウエアのTivoliブランドからは「Tivoli Provisioning Manager(TPM)」(図2)と「Tivoli Service Automation Manager(TSAM)」の2種類のプロビジョニング製品が提供されています。

 TPMは、あらかじめ準備されたソフトウエアを、ITリソースに自動配信したり、自動始動したりするソフトウエアです。スケジュールしたり、自動構成したりする機能にも対応しています。

 TSAMは、さらにスケジューリングをするポータル画面や、ワークロードによって調整する機能などを提供します。これらの機能は、特にIaaSの構築に重要な役割を果たします。

日本IBM
ソフトウェア関連テクノロジーの推進役「エバンジェリスト」。国内テクノロジー推進戦略を策定するソフトウェア・テクノロジー・カウンシル議長。「クラウドを実現する技術」など著書多数。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています