PR

Linux誕生25周年「LINUXCON NORTH AMERICA」開催、MSが「PowerShell」をオープンソース化、ほか

2016年8月26日(金)
吉田 行男
今年で誕生25周年を迎えます。Linux Foundationは22日からカナダのトロントでLinuxの開発者会議LINUXCONを開催しました。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

今週は、カナダのトロントで「LINUXCON NORTH AMERICA」が開催されました。今年はLinuxが誕生して25周年ということで、正装での祝賀会を開催したようです。

今週もOSSに関する注目すべきトピックをとりあげましたので、ゆっくりとご覧下さい。

Linuxが誕生25周年、24日にはリーナス・トーバルズ氏が基調講演

フィンランドのヘルシンキ大学の大学院生だったリーナス・トーバルズ氏がLinuxのリリース告知をしたのが1991年8月25日で、今年で誕生25周年を迎えます。Linuxの普及を支援する非営利団体Linux Foundationによると、11年前から累計で1,300社以上の企業の1万3,500人以上の開発者がLinuxカーネルに貢献する大規模なOSに成長しました。Linux Foundationは22日からカナダのトロントでLinuxの開発者会議LINUXCONを開催しており、エグゼクティブディレクターを務めるジム・ゼムリン氏は同日の基調講演で「Linuxは史上最も成功したソフトウェアプロジェクトであり、25周年は重要な節目だ」と語りました。また、トーバルズ氏は24日の基調講演に登壇しました。

(参照記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/23/news068.html

Microsoft、「PowerShell」をオープンソース化、LinuxやOS X向けに提供

米国Microsoft社は18日、これまでWindows向けに提供してきたシェル「PowerShell」をオープンソース化し、LinuxやOS Xでも動作できるようにすると発表しました。既にアルファ版ビルドやソースコードをGitHubで公開しています。Microsoftではオープンソースへの取り組みを強化しており、Windows 7以降に標準搭載されているPowerShellをLinuxやOS Xで動作できるようにしました。これにより、MicrosoftではWindowsとLinuxの運用チームが異なる環境でもこれまでのツールを使って管理の自動化などを行えるようになり、共同作業が容易になるとしています。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1015723.html

ミランティス、SUSEと協業

米国ミランティス社の日本法人ミランティス・ジャパンは10日、ミランティスが独SUSE社と協業し、Mirantis OpenStackユーザーにSUSE Linux Enterprise Linuxをサポートすると発表しました。今回の協業では両社が技術面で協力し、Mirantis OpenStackとSUSE Linux Enterprise Serverでプライベートクラウドのプラットフォームを提供可能になります。また両社の協力によりRed Hat Enterprise LinuxやCentOSのサポートも提供し、ミランティスが主要なエンタープライズLinuxディストリビューションをワンストップでサポート提供することが可能になるとしています。

(参照記事:http://japan.zdnet.com/article/35087323/

Google、MySQL互換の第2世代「Cloud SQL」正式版リリース

米国Google社は16日、「Google Cloud Platform(GCP)」で提供しているマネージドサービスのMySQL互換第2世代データベース「Cloud SQL」の正式版をリリースし、一般向けに提供開始しました。第2世代のCloud SQLは2015年12月からベータ版として提供されていたもので、正式版では「MySQL 5.7」をサポートするほか、データベースを故障直前の状態にリカバリできる「PITR(Point-in-Time-Recovery)」やストレージの自動リサイズ、1クリックでのフェイルオーバーレプリカ作成などの機能を追加しています。また、Googleでは公式ブログで「Amazon Web Services(AWS)」で提供されているRDBサービス「Aurora」との「sysbench」による比較を掲載し、Cloud SQLのトランザクションあたりの待ち時間はAuroraの約半分、1秒あたりのトランザクションを2倍にできるとしています。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1015524.html

Facebookの人工知能研究チーム、チャットボット構築用ライブラリをオープンソース化

米国Facebook社の人工知能研究チーム(FAIR)は18日、テキストの表現や分類を行うコードのライブラリ「fastText」をオープンソース化したと発表しました。併せてfastText関連の研究結果も公開しました。FAIRによると、テキストの分類に特化しているfastTextは、深層学習による分類に比べると正確さが同程度であり、訓練と評価では「数桁レベル」で高速に動作するとしています。発表には「10億以上の単語の訓練が標準的なマルチコアCPUを用いて10分未満で完了した」と記されています。また、30万以上のカテゴリにおよぶ50万の文章を5分もかからずに分類することもできるようです。

(参照記事:http://japan.zdnet.com/svc/nls/?id=35087704

編集後記

リオ五輪において、日本選手団は前回のロンドン大会の38個を上回る過去最多の41個のメダルを獲得しました。10代のメダリストも誕生し、4年後の東京大会への期待が膨らむ戦いぶりを見せてくれました。
また、今年は11年ぶりに台風が関東に上陸して交通機関が乱れ、相変わらず自然の凄さを思い知らされました。まだ暑い日が続くようですので、体調に気をつけてお過ごしください。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています