TOPプロジェクト管理> 第2回:15分で試してみよう! (1/3)




JBoss jBPMを試そう!

JBoss jBPMを試そう!

第2回:15分で試してみよう!

著者:レッドハット 安間 太郎

公開日:2008/01/31(木)

JBoss jBPM Suiteのインストール

今回はjBPMをインストールした後、バンドルされているサンプルプロセス定義を使ってその動作を確認します。ハンズオン形式で説明して行きますので、ぜひ挑戦してみてください。

本記事では「JBoss jBPM 3.2.2」「Eclipse 3.3.0」「Sun JDK 1.5.0_14」「Red Hat Linux Enterprise 5.1」および「Windows XP」の環境で動作確認をしています。マシンスペックに関して、メモリが「2GB」、CPUが「Intel Core2 Duo 1.8GHz」で動作確認を行いました。メモリは512MB程度でも動作させることが可能です。

第1回:JavaエンジニアのためのBPMツールとは?」でも説明したようにjBPMはJavaライブラリとして提供されているため、それぞれの環境のクラスパスに必要なライブラリを設定して利用します。jBPMはRed Hatから提供されている製品版があり、評価版(http://www.jp.redhat.com/jboss/eva/)での検証も可能ですが、今回は手っ取り早く動作確認を行うためJBossコミュニティで公開されているjBPM Suite(http://labs.jboss.com/jbossjbpm/
downloads/
)を利用することにします。

まず、jBPM SuiteのWebサイトよりjbpm-jpdl-suite-3.2.2をダウンロードしてください。jbpm-jpdl-suite-3.2.2はサンプル定義の動作確認に利用するjBPMコンソールやプロセス定義を行うためのjBPMグラフィカルプロセスデザイナ、アプリケーションサーバであるJBoss ASが一緒にバンドルされています(表1)。ダウンロードしたzipファイルを任意の場所に展開するだけで簡単に環境を作成することができます。

名称 概要
db jBPMからデータベース接続を行うためのサンプル設定が含まれている
deploy デプロイするアプリケーションを置くディレクトリ
designer グラフィカルプロセスデザイナ用Eclipseプラグインが含まれている
doc jBPMやjPDLについてのドキュメントが含まれている
examples アプリケーション開発に必要なサンプル集が含まれている
lib jBPMが必要とするライブラリ群が含まれている
server jBPMエンジンとwebsaleサンプルプロセスがあらかじめ設定されたJBoss ASのディレクトリ
src jBPM製品のソースコードが含まれている

表1:jbpm-jpdl-3.2.2の内容

リスト1:改行コードをCRLFからLFに変換
$ cd jbpm-jpdl-3.2.2/server
$ perl -i -pe 's/\r\n/\n/g' *.sh bin⁄*.sh

リスト2:起動スクリプトの実行
$ cd jbpm-jpdl-3.2.2/server
$ ./start.sh

JDKのインストールとJAVA_HOME設定

次にJDKの設定を行います。JDK 1.5.0.xを「http://java.sun.com/j2se/
1.5.0/ja/download.html
」よりダウンロードしてください。すでにJDK 1.5.0.xがインストールされている場合は改めてインストールする必要はありません。

ダウンロード後インストーラを起動し、ウィザードに従ってインストールしてください。インストール完了後、JAVA_HOMEの設定を行います。

今回はアプリケーションサーバとして利用するJBoss ASの起動スクリプトに直接JAVA_HOMEを設定します。jbpm-jpdl-3.2.2/server/bin/run.sh(もしくはrun.cmd)をエディタで開き、最上段に「JAVA_HOME=/aaa/jdk/jdk1.5.0_14」のようにインストールしたJDKのパスを設定します。

なお、Linux環境の場合はスクリプト内の改行コードを変更する必要があります。リスト1のスクリプトを利用して改行コードをCRLFからLFに変換してください。

では、いよいよJBossを起動し、jBPMコンソールを確認しましょう。先ほどJAVA_HOMEを設定した起動スクリプトを実行します(リスト2)。

JBossが起動できたら「http://localhost:8080/jbpm-console/」にアクセスしてjBPMコンソールが表示されるのを確認してください。 次のページ


1   2  3  次のページ


レッドハット株式会社 安間 太郎
著者プロフィール
レッドハット株式会社  安間 太郎
JBossグループ テクニカル アカウント マネージャー
日商エレクトロニクス株式会社を経て、2002年BEAシステムズに入社。グローバルカスタマーサポートにてJavaミドルウェア、ESB製品などの技術サポートに従事。2007年よりレッドハット株式会社に入社。グローバルサポートサービスにてJBoss製品の技術サポートならびに日本におけるサポートサービスの拡充業務を担当。休日はゴルフ、ドライブなど。アウトドア好きで家にいることが少ないです。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第2回:15分で試してみよう!
JBoss jBPM Suiteのインストール
  サンプルプロセス定義websaleについて
  動作確認:注文データの確認と修正
JBoss jBPMを試そう!
第1回 JavaエンジニアのためのBPMツールとは?
第2回 15分で試してみよう!
第3回 15分でプロセスアプリケーションの開発
第4回 プロセス定義からJavaクラスを呼び出す仕組み
第5回 例外の処理を見ていこう!
関連記事
JBoss Enterprise Application Platformの全貌
BEA AquaLogic BPM Suiteを使い倒す
EJB 3を再考する