PR
連載 [第114回] :
  週刊VRウォッチ

クアルコム、5G利用のVR/AR対応新型モバイル用プロセッサを発表

2018年12月17日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関するニュースが多数報じられました。なかでも半導体メーカーである(クアルコム)Qualcommの新型モバイル用プロセッサ「Snapdragon 855」の発表が注目を集めています。

Snapdragon 855は商用モバイルプラットフォームとしては初の「5G」対応を実現したほか、VR/AR/MRにも対応しています。新たな一体型VRヘッドセットなどへの利用や、スマートフォンを利用したVR体験の質的な向上などが考えられます。

またGPUやCPUを手がけるAMDが、自社製品用のドライバーソフトウェア「Radeon Software」の次期アップデート内容を発表しました。新たに実装される機能には、一体型VRヘッドセットなどでPC用のVRゲームがプレイ可能になるシステム「Radeon ReLive VR」などが含まれています。これにより、より多くのユーザーがVRゲームに触れる機会が増えると見られます。

クアルコムが新型プロセッサSnapdragon 855発表 VRとAR対応

12月5日、ハワイ州マウイ島で開催されていた「Snapdragon Technology Summit」にて、クアルコムが新型のモバイル用プロセッサ「Snapdragon 855」を発表しました。商用のモバイルプラットフォームとしては初の「5G」対応を実現し、XR(VRとARの総称)にも対応します。2019年に発売されるハイエンドスマートフォンに搭載される予定です。

Snapdragon 855は、通信速度の大幅な高速化を実現したことで、大容量のデータの処理が可能となり、次世代のVRとAR体験が可能になりました。活用の例として、マルチプレイのVRゲームや、ARを活用したショッピングなどが挙げられています。

本ニュースの詳細はこちら:
クアルコムが新型プロセッサSnapdragon 855発表 VRとAR対応
https://www.moguravr.com/qualcomm-snapdragon-855/

AMD、PC向けVRゲームを一体型VRヘッドセットでプレイ可能に

AMDは自社製品向けのドライバーソフトウェア「Radeon Software」の次期アップデート「Adrenalin 2019」の内容を発表しました。新たに実装される機能には、一体型VRヘッドセットなどでPC用のVRゲームがプレイ可能になるシステム「Radeon ReLive VR」が含まれます。

「Radeon ReLive VR」を使用したモバイル向け及び一体型VRヘッドセットで、Steamで配信されているPC用VRゲームの大半がプレイできる、としています。対応しているVRヘッドセットは「VIVE Focus」および「Oculus Go」となります。

本ニュースの詳細はこちら:
AMD、PC向けVRゲームを一体型VRヘッドセットでプレイ可能に
https://www.moguravr.com/radeon-adrenalin-2019/

Facebookの活発なVR関連特許 今度は新型レンズ

Facebookが、VRヘッドセット用の新型レンズに関する特許を登録しました。新型レンズはGod Rays(ゴッドレイ)と呼ばれる、主にハイコントラスト時に発生する、光のライン発生現象を改善します。

米国特許商標庁に提出された仕様書によると、今回の特許は「ハイブリッドフレネルレンズによる技術的不具合の改善」と命名されています。フレネルレンズとは、レンズ上に同心円状の溝が刻まれ、断面がノコギリ状になっているレンズです。一般的なレンズと比較して、軽量かつ薄型なのが特徴です。

本ニュースの詳細はこちら:
Facebookの活発なVR関連特許 今度は新型レンズ
https://www.moguravr.com/facebook-god-rays/

SteamVR対応4KのVRヘッドセット「Odin」がロシアから登場

ロシアのスタートアップDEUSは、2019年1月に開催されるConsumer Electronics Show(CES)への、PC向けハイエンドVRヘッドセット「Odin」の出展を発表しました。

Odinは、開発者向けの初期モデルの発売が2019年2月に予定されてます。初期モデルのOdinには、回転のみ認識される3DoFのモーショントラッキングに対応したハンドコントローラーが付属します。価格は1,100ドル(約12万円)です。

一般用モデルのOdinには、自由に手を動かすことのできる6DoFのモーショントラッキングに対応したハンドコントローラーの付属が予定されています。本体は初期モデルからの改良も予定されおり、販売予定は2019年の夏です。価格は2018年12月現在、未公開です。

本ニュースの詳細はこちら:
SteamVR対応4KのVRヘッドセット「Odin」ロシアから登場
https://www.moguravr.com/deus-odin/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第154回

PS5は2020年末発売、触覚技術を搭載し没入感をさらなる高みへ

2019/10/15
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第153回

Oculus、広視野角で小型軽量なVRヘッドセットのプロトタイプ公開

2019/10/7
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/AR
第152回

フェイスブック、一体型VRHMD「Oculus Quest」にハンドトラッキング等アプデを発表

2019/9/30
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています