PR
連載 [第242回] :
  週刊VRウォッチ

VR/AR両対応デバイスのLynxが方針転換、一般向けにも販売を実施

2021年7月19日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関する多くのニュースが報じられました。なかでも注目なのは、フランスのスタートアップLynxが開発するVR/AR対応デバイスが、コンシューマー向けにも販売されるという発表でしょう。

Lynxは、VRとAR両対応の一体型ヘッドセットを開発しています。眼前を覆い、ヘッドセット前面にある2つのカメラを通して現実を見ることができるビデオシースルータイプのARを実現します。

Lynxは2020年2月に製品の予告を行い、当初2020年夏の発表を予定していましたが、形状変更や機能の調整などの延期を繰り返していました。直近では2020年11月に大幅な小型化ともに、新型コロナウイルスの影響を理由に延期をアナウンスしており、今回の発表は約半年ぶりにアップデートが行われた形です。

VRとAR両対応デバイスのLynxが軌道修正 数百ドルで一般ユーザーにも提供か

Lynxは、ビジネス向けに開発を続けてきたVR/AR対応の一体型VR/ARヘッドセット「Lynx R1」をコンシューマー向けにも販売することを明らかにしました。価格は、当初予定されていた1,500ドルから数百ドルに変更されます。

「Lynx R1」の機能としては、アイトラッキングは搭載せず、Ultraleap社のセンサーを組み込んだハンドトラッキングは引き続き搭載されます。Lynxは2021年9月にクラウドファンディングも行う予定です。

本ニュースの詳細はこちら:
VRとAR両対応デバイスのLynxが軌道修正 価格は数百ドル、一般ユーザー向けにもクラファン実施
https://www.moguravr.com/lynx-vr-ar-device-development-progress/

ARディスプレイのDigiLensと三菱ケミカルが関係強化、プラスチック製ウェーブガイド開発へ

ARディスプレイ技術を開発するDigiLensは、三菱ケミカル株式会社とのパートナーシップ強化を発表しました。今回の関係強化は、独自技術であるプラスチック製ウェーブガイドの開発を進め、幅広いスマートグラスやARデバイスでの採用を目指します。

DigiLensは、透過性のウェーブガイドディスプレイ技術を持つAR企業です。産業用途のヘッドアップディスプレイやコンシューマー向けのARグラスなど、幅広いターゲットに向け開発を行っています。

本ニュースの詳細はこちら:
ARディスプレイのDigiLensと三菱ケミカルが関係強化、プラスチック製ウェーブガイド開発へ
https://www.moguravr.com/digilens-m-chemical-strengthening-partnership/

全身トラッキングスーツのTESLASUITがソーシャルVR企業と提携し新製品開発へ

VR向け全身スーツを手掛けるイギリスのスタートアップTESLASUITは、ソーシャルVR「Somnium Space」との提携を発表しました。同プラットフォームに対応した、スーツ「Somnium X TESLASUIT DK1」の開発を共同で進めることを告知しました。

「Somnium X TESLASUIT DK1」は、利用者の全身をトラッキングすることが可能です。スーツには、68箇所のハプティック・ポイントが存在し、水に触れる感覚から、ジェット戦闘機の強烈なGまで、さまざまな触覚をフィードバックします。

本ニュースの詳細はこちら:
全身トラッキングスーツのTESLASUIT、ソーシャルVR企業と提携し新製品開発へ
https://www.moguravr.com/teslasuit-2/

「Bait!」や「Demeo」のResolution Gamesが2,500万ドル調達、ソーシャル要素を盛り込んだゲーム制作に注力

スウェーデンのVRゲームスタジオResolution Games社は、シリーズCで2,500万ドル(約27億円)を調達しました。Resolution Games社は、今回調達した資金を「ライブゲーム(ユーザー同士の交流や強力など、ソーシャル要素が強調されたゲーム)」の制作に当てることを表明しています。

Resolution Games社は2015年に設立。コンシューマー向けVRの黎明期に最も有名なタイトルを手掛けたスタジオの1つで、「Bait!」や「Wonderglade」「Solitaire Jester」など、主にフェイスブックのOculusシリーズ向けのVRゲームを多数開発しています。

本ニュースの詳細はこちら:
VRゲーム「Bait!」や「Demeo」のResolution Gamesが2,500万ドル調達、ソーシャル要素を盛り込んだゲーム制作に注力
https://www.moguravr.com/resolution-games-financing/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第244回

フェイスブック、新たに「メタバース」構築チームを結成

2021/8/2
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第243回

フェイスブックが「脳波でVRデバイス操作」を見送り、今後はリストバンド型にシフト

2021/7/26
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第242回

VR/AR両対応デバイスのLynxが方針転換、一般向けにも販売を実施

2021/7/19
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています