PR

複数台利用でコスト圧縮とサービス強化を実現したステップ・アソシエイツ

2008年5月19日(月)
シンクイット編集部

信用度が求められる不動産業界での利用

 現在、Webサイトを通じて顧客に情報提供を行うことが一般的となっている。その方法として、「会社」を前面に出したURLを用いるか、「商品」を前面に出したURLを用いるかは、その企業のビジネスによって分かれるところだ。

 企業が複数のURLを用い、Webで情報を発信していく場合に問題となるのが、管理するサーバ数の増加である。自社内にサーバルームを設置して、複数台のサーバを管理していくのは設備投資に限らず、管理者の人件費やセキュリティ対策の面でも、大きな負担といえるだろう。

 そこで1つの有力な選択肢となるのが、ホスティングサービスだ。ホスティングサービスを有効に活用することで、サーバ管理の手間だけでなく、敷設や運営のコスト圧縮にも貢献可能だ。しかも専門の技術者がサポートを行ってくれる。そのサポート対応範囲がネットワークの管理だけでなく、SSLのように「設定は面倒だがオンラインショップの運営には欠かせない」機能なども任せられるといった点も見逃せない。

 このようなサーバ管理のアウトソーシングを行う場合、重要なポイントとなるのがアウトソーシング先の選択だ。それぞれの企業が持つ課題や要望に応えられる、柔軟な対応が可能なホスティングサービスこそが、選ばれるべきであろう。

 本連載の「第1回:ブログサービスにVPSを導入したソースワークス」で紹介した株式会社アット・ワイエムシー(以下、@YMC)は、そんな要望に応えられる企業の1つだ。

 今回は、顧客への情報提供のスピードや内容が特に重要な業種である「不動産業界」で@YMCを利用している、ステップ・アソシエイツ株式会社(以下、ステップ・アソシエイツ)に話を伺った。

多数のWebサイトから情報を発信

 ステップ・アソシエイツは、2004年4月に住友不動産販売のIT戦略部から社内ベンチャーという形でスタートした、不動産情報に特化している企業。主に住友不動産、住友不動産販売の受託物件のWebサイト制作をはじめとする情報提供や派遣業務を行っている。

 このWebサイトの構築/運営に@YMCの各種サービスを活用しているとのことだ。ステップ・アソシエイツ ITソリューション事業部 部長の渡邉 康之氏は、@YMCをホスティングサービスとして採用するに至った経緯などについて次のように語る。

 「以前は@YMC以外のホスティングサービスも利用していたのですが、コストの高さやサービスの面で不満がありました。2005年の4月から@YMCのサービスを利用していますが、端的に言いますと、コストパフォーマンスの面でメリットと、技術力の高さやサービスについてとても満足しています」

 サービスの利用状況としては、各種物件情報を掲載した30個以上のWebサイトをバーチャルドメインで運用する。さらに2007年からは不動産賃貸に関するWebサイトで、複数台サーバを使った運営も開始したとのこと。

 ステップ・アソシエイツでは、特に複数台サーバの運営では、顧客情報など各種データを格納するデータベースに対するセキュリティ上の課題から、専用サーバの複数台利用を決定したという。次ページでは、同社における複数台利用を具体的に見てみよう。

著者
シンクイット編集部

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています