PR
連載 :
  ReadWrite Japan

動画配信のNetflix、複数クラウド向けオープンソース「Spinnaker」をリリース

2015年11月21日(土)
ReadWrite Japan
定額動画配信サービスを提供するNetflixは11月16日、一年以上の時を経て、オープンソースプロジェクト「Spinnaker」をスタートした

GoogleやMicrosoft、Pivotalらと協力 手軽なソフトウェア展開が可能に

Technology Solutions

定額動画配信サービスを提供するNetflix(ネットフリックス)は11月16日、一年以上の時を経て、オープンソースプロジェクト「Spinnaker」をスタートした。

Spinnakerは、同社が提供するAWSクラウド管理システム「Asgard」に代わるシステムとして、GoogleやMicrosoft、Pivotalの協力を受けて開発された「持続的な配信プラットフォーム」である。企業がSpinnakerを使えば、複数のクラウドを同時に活用してデプロイメント(ソフトウェア展開)を行うことができるようになる。

Netflixの配信技術のマネージャーであるAndy Gloverはブログで、「Spinnakerを使えば、マシンイメージや Jar ファイル、Dockerイメージといったデータの作成から、デプロイメントに至るまでの一連の配信プロセス(パイプライン)を簡単に設計できる」と語った。Googleによると、Netflixが「常識破りなセットアップ」と説明するSpinnakerを使えば、エンジニアはパイプラインを作るだけでなく、作ったパイプラインを異なるワークフローに再利用することもできるという。

Netflixによれば、「Google Cloud Platform」や「Cloud Foundry」、AWSに加えて、「Microsoft Azure」のサポートも現在進行中であり、今後利用できるようになる見込みである。また、AsgardとSpinnakerは互換性があるため、既存のデータを移行する必要もないという。

※本記事は、ReadWrite.comの記事を翻訳編集しています。

ReadWrite Japan編集部
[原文]

※本ニュース記事はReadWrite Japanから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています