PR

SQLを直接記述できるiBATIS(前編)

2006年7月12日(水)
山之内 弘行

Abatorのインストール


   今回、自動生成ツールとしてAbator(Eclipse Plugin)を使用します。AbatorはiBATISのファイル自動生成ツールでiBATISの公式サイトで提供されており、Abatorが作成してくれるファイルは以下のとおりです。
  • マッピング・ファイル
  • DTOソースファイル
  • DAOソースファイル

表1:Abatorが作成してくれるファイル

   まずはAbatorをインストールします。Eclipseを起動させ、「ヘルプ → ソフトウェア更新 → 検索とインストール」を選択するとインストール/更新画面(図3)が表示されるので、「インストールする新規フィーチャーを検索」を選択して「次へ」をクリックします。

インストール/更新画面
図3:インストール/更新画面

   インストール画面(図4)がでてきたら、「新規リモート・サイト」ボタンをクリックします。

インストール画面
図4:インストール画面

   更新サイトの登録画面(図5)が表示されますので、名前とURL欄に表2のように入力して「OK」をクリックします。

新規更新サイト画面
図5:新規更新サイト画面

名前 Abator for iBATIS Update Site
URL http://ibatis.apache.org/tools/abator

表2:更新サイト入力要項

   登録が完了するとインストール画面の「検索に含めるサイト」の欄に「Abator for iBATIS Update Site」が表示されますので(図6)、これにチェックを入れて「終了」ボタンをクリックします。

インストール画面(Abator for iBATIS Update Site表示)
図6:インストール画面(Abator for iBATIS Update Site表示)

   後はインストールウィザードに従って進めるとインストールが完了します。

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています