PR

SQLを直接記述できるiBATIS(前編)

2006年7月12日(水)
山之内 弘行

Eclipseプロジェクトの作成


   今回はEclipse上でサンプルプログラムを作成していきますので、EclipseでJavaプロジェクトを作成します。なお、ここでは「ibatisSample」という名前でプロジェクトを作成しています。
ibatisSampleプロジェクト
図7:ibatisSampleプロジェクト


jarファイルのコピー


   プロジェクトを作成したら、プロジェクトの直下に以下のjarファイルをコピーします。

  • ibatis-common-2.jar
  • ibatis-dao-2.jar
  • ibatis-sqlmap-2.jar

表2:コピーするjarファイル

   またJDBCドライバもコピーしてください。ここでは、PostgreSQLを使用しますのでPostgreSQL用のJDBCドライバをコピーします。


テーブルの作成


   次にテーブルを作成します。今回使用するテーブルはSHAINテーブルとBUSHOテーブルの2つです。テーブルを作成するためのDDLは以下のとおりです。

SHAINテーブルとBUSHOテーブルを作成するためのSQL
// SHAINテーブル
create table SHAIN(
   SHAIN_ID INTEGER PRIMARY KEY,
   SHAIN_NAME VARCHAR(255),
   BUSHO_ID INTEGER,
   FOREIGN KEY(BUSHO_ID) REFERENCES BUSHO(BUSHO_ID)
)

// BUSHOテーブル
create table BUSHO(
   BUSHO_ID INTEGER PRIMARY KEY,
   BUSHO_NAME VARCHAR(255),
   EXTENSION_NUM INTEGER
)

   なお、SHAINテーブルとBUSHOテーブルの初期データとして以下のデータを使用しています。

SHAINテーブルとBUSHOテーブルの初期レコード用SQL
// SHAINテーブル初期レコード
insert into SHAIN values(111, 'iBATIS', 1)
// BUSHOテーブル初期レコード
insert into BUSHO values(1, '開発部', 1234)


次回は


   ここまでで、Eclipseを用いて「iBATIS」を利用する準備が整いました。次回はファイルの自動生成を行い、データベース定義ファイルを作成し、実際にSQLを発行して、「iBATIS」を利用してみます。

株式会社ビーブレイクシステムズ Javaスペシャリスト
前職ではJavaを用いたシステム開発をメインに作業を行う。更なるキャリアアップを目指し、実力次第で上流工程に携われるビーブレイクシステムズに転職。現在はJavaアーキテクトとして活躍中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています