TOPサーバ構築・運用> SQL Server 2005の高可用性




SQL Server 2005クラスタリング
SQL Server 2005で実現するクラスタリング

第1回:SQL Server 2005のクラスタリングで実現する高可用性
著者:イー・キャッシュ  小関 茂徳   2006/6/30
1   2  3  次のページ
SQL Server 2005の高可用性

   現在利用されているシステムで、データベースにアクセスしないビジネスアプリケーションは、ほぼ存在しないといっても過言ではありません。これは、データベースがダウンすればすべてのビジネスアプリケーションが機能停止することを意味しています。

   予期せぬサーバの障害、アプリケーションのエラーによるシステムの停止は、社内システムへのアクセスができないことによる営業機会の損失を招くだけでなく、顧客の企業に対するイメージの大きな低下につながります。もちろん、メンテナンスやシステム変更をはじめとする企業として計画通りの停止であっても、利用者のユーザビリティを考慮した場合、可能な限り最小限の時間と影響に抑える必要があるといえます。

   マイクロソフトのSQL Server 2005では計画的なシステムダウンだけでなく、計画外のシステムダウンに対しても迅速な修復方法を持っているため非常に高い可用性を実現しています。次にそれらを可能とする具体的な技術を次にまとめます。
計画外のシステム停止に対するソリューション
データベーススナップショット、ミラーリング、フェイルオーバクラスタなど

計画的なシステム停止に対するソリューション
メモリの自動チューニング、オンラインインデックス操作など

復旧の長期化に対するソリューション
オンライン復元、高速復元など

表1:システム停止に対して高い可用性を実現する機能

   データベーススナップショット(以下、スナップショット)とは、データベース管理者がデータベースのコピーを簡単に作成するための機能として、SQL Server 2005より新たに導入された機能になります。操作ミスによるレコードの削除やデータの破損などが発生した場合、取得済みのスナップショットを用いることで以前の状態に戻ることができるのです。

   データベースとスナップショットとの間に相違が生じると、変更された差分だけがスナップショットに追加され、このスナップショットからデータベースを簡単に復旧することが可能になります。

   また、可用性の高い機能として、SQL Server 2005ではミラーリングとフェイルオーバクラスタリングリングが提供されています。ミラーリングの機能は、稼働中のサーバから待機中のサーバへトランザクションログの継続的なストリーミングのロジックを提供しており、プライマリシステムに障害が発生した場合にアプリケーションが直ちに待機中のサーバに再接続を可能にします。

   フェイルオーバクラスタリングリングは、Microsoft Windows Clustering Services(以下、MSCS)の機能を利用した高い可用性を提供するソリューションであり、データベースサーバで障害が発生した場合に迅速なフェイルオーバ処理を行う冗長的な仮想サーバを提供しています。

   本連載では、全4回わたってMSCSのフェイルオーバクラスタの特長とともに、SQL Server 2005における環境構築方法を実践していきます。第1回目の今回はフェイルオーバクラスタリングについて説明をします。

1   2  3  次のページ


イー・キャッシュ 小関 茂徳
著者プロフィール
イー・キャッシュ株式会社  小関 茂徳
ビジネス支援事業部 ビジネスアドミニストレーター
イーキャッシュにて事業化計画から製品化計画、販売戦略までのビジネスデザインを中心として展開している事業に携わっている。2006年度からはRFID関連事業でつちかったプラットフォーム製品の開発技術を活かして、モバイルプラットフォーム分野における仮想マシンの開発や半導体開発とともに新規事業開発提案を推進している。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第1回:SQL Server 2005のクラスタリングで実現する高可用性
SQL Server 2005の高可用性
  クラスタリングとは
  MSCSのハードウェア構成の制限について
SQL Server 2005で実現するクラスタリング
第1回 SQL Server 2005のクラスタリングで実現する高可用性
第2回 Vistual Serverでクラスタリング環境を構築
第3回 仮想的なクラスタリングの実現
第4回 SQL Server 2005をクラスタ化する
第5回 フェイルオーバー/フェイルバックを体感する
第6回 SQL Server 2005のフェイルオーバー