TOPプロジェクト管理> 技術の共有と向上




PHP開発手法
PHP開発手法

第7回:技術共有と向上を目指すユニークなウノウの取り組み

著者:ウノウ  佐藤 陽樹   2007/4/19
1   2  3  次のページ
技術の共有と向上

   前回まではウノウでの具体的な開発手法について紹介しました。最終回の今回は視点を広げ、開発者同士での情報共有や技術向上を目的として行っているユニークな施策と、その目的について解説します。
ペアプログラミング

   まずウノウでは「ペアプログラミング」の時間を設けています。これは、プログラミングを2人1組で行っており、お互いの知識の交換によってプログラミングのスキルやコードの質の向上をさせることを目的としています。

   具体的には1人がコードを書き、もう1人が横で指摘しながら作業を行います。1人でのコーディング作業とは異なり常に他人にみられているという状況のため、集中力も必要となります。

   さらにぺアの相手に対して、記述しているコードの内容について説明を行いながら作業を進めます。この方法によって、複雑で説明をすることが難しい箇所が減ったり、実は簡単になる箇所が発見できたりと、結果としてコードの品質が向上する効果が得られます。

   ペアプログラミングは週1回行っていますが、ペアの組み合わせはその時々で、担当しているプロジェクトに関係なくランダムで決められています。他のプロジェクトや他のエンジニアのコードはみているだけでも勉強になりますし、同じプロジェクトの場合は全体への理解度が深まります。

   またコードに限らず、Linuxのコマンドや使用しているツールなど、他の開発環境をみるよい機会にもなっています。なお、ウノウでは開発環境としてノートPCを利用しているため、ペアプログラミングの際にはデュアルディスプレイ環境で行っています。


コードレビュー

   ペアプログラミングは1対1でしたが、1対多の形で「コードレビュー」も行っています。これは社内の情報共有とともにスキル向上を目的としたもので、各エンジニアが持ち回りでコードの解説などを行っています。

   自分の関わっているプロジェクトのコードをはじめ、興味のある分野や社内で共有したい技術を紹介しています。ここ最近では「UNIXデーモンを作ろう」や「エラスティック・レイアウトの紹介」といったテーマが取り上げられました。

   技術やその分野に詳しい人がわかりやすく説明することによって、普段の開発では使っていない言語や新しい手法など、様々なことに効率よく触れることができます。説明時に使われたプロジェクタの内容は動画としてフォト蔵に公開しており、コードレビューの終了後でも必要があるときに再生できます。


サイトレビュー

   内容的にはコードレビューと似た面がありますが、ユニークなWebサイトについては別途「サイトレビュー」の時間を設けています。主にユーザインターフェースが斬新なWebサイトが対象となっており、こちらも週1回実施しています。

   こちらもレビュー内容を動画で保存してウノウラボに公開しており、誰でも内容をみらることができるようになっています。ペアプログラミングやコードレビューへの参加は社内に限っていますが、サイトレビューについては社外の人を招き、サービスの内容などの詳しい話を聞くこともあります。

1   2  3  次のページ


ウノウ株式会社  佐藤 陽樹
著者プロフィール
ウノウ株式会社  佐藤 陽樹
1977年生まれ。2006年10月ウノウ入社。ゲーム関係の専門学校卒業後に入社した会社では、数年間のほとんどを携帯サイトの開発ですごす。良くも悪くも携帯に振り回される日々を送っている。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第7回:技術共有と向上を目指すユニークなウノウの取り組み
技術の共有と向上
  勉強会
  交換オフィス
PHP開発手法
第1回 複数人による開発の要所を押さえる
第2回 Subversionによるバージョン管理(前編)
第3回 Subversionによるバージョン管理(後編)
第4回 Wikiによる情報共有
第5回 複数人での開発におけるテストの勘所
第6回 BTS(Bug Tracking System)の利用
第7回 技術共有と向上を目指すユニークなウノウの取り組み