TOPプロジェクト管理> BPMサイクルの最初のステップ




BPMS実践講座
ビジネスプロセスの可視化を実践するBPMS

第3回:モデリングツールを使ってBPMを図示化する

著者:日本プロセス  須山浩克、磯谷奈津子   2006/12/22
1   2  3  4  次のページ
BPMサイクルの最初のステップ

   これまでの連載でBPMやBPMSに対する全体像や考え方、BPMシステム構築の流れについて紹介してきました。読者の皆様も、そろそろイメージから「より具体的な内容」が気になり始めている頃なのではないでしょうか。そういった期待に応えるために、今回からSavvion BusinessManagerのツールや実行環境による具体的な作成、有効活用方法を元に、BPM実践手法について紹介していきます。

   Savvionで業務のモデリングを行うメリットは、モデリング結果(=組織構造が意識された実業務フロー、そしてルール)が、ワークフローをベースにした業務フローWebアプリケーション・システムとして動作することです。

   つまり業務プロセスのモデリングや業務プロセス図、電子文書の管理の段階で実際の業務フローとして、またシステムとして7割方の骨格や方向性が決まる重要なステップとなります。

   そこで今回と次回の2回に渡ってBPMサイクルの下記の項目を説明します。これは「第2回:システム構築のポイント」で取り上げたものです。
  • Step1 :「ProcessModelerによる業務プロセスのモデリング、文書化」
  • Step1.5:「ProcessAssetManagerでの業務プロセス図、電子文書の管理」

Savvion ProcessModelerについて
http://www.savvion.jp


業務プロセスの効率的なモデリングとは

   業務のモデル化で重要なことは「見える」ことです。では、業務改善や業務システム構築にモデリングツールを利用することで、企業はどのような効果を得ることができるのでしょうか。まずは最初に理解を進めるうえで、いくつかのポイントを並べてみます。

  • 業務全体のプロセスが見える。
  • 業務プロセスに現存するリスクが見える。
  • プロセスの変更が短期間で対応できる。
  • 共通の業務分析手法を持てる。
  • 業務の改善箇所が見える。
  • 業務担当者全員参加型の議論ができる。

表1:モデリングツールで得られる効果

   これらを得るために、Savvion ProcessModeler、PAM(注1)を用いて、どのように実践していくのかについて解説していきます。

業務フローを図視化したい
図1:業務フローを図視化したい
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

※注1: ProcessAssetManagerの略。業務プロセス図や付随する文書ファイルを一括管理するサーバ機能。詳細は第4回ご紹介します

1   2  3  4  次のページ


日本プロセス株式会社 新規事業部 サヴィオ ビジネスユニット 須山 浩克
著者プロフィール
日本プロセス株式会社  新規事業部
サヴィオン  ビジネスユニット
須山 浩克

2001年からSavvion BusinessManagerの企画・販売活動に携わり、2005年から販売したモデリングツール(Savvion ProcessModeler)によるシステム開発の提案活動に従事。


日本プロセス株式会社 新規事業部 サヴィオ ビジネスユニット 磯谷 奈津子
著者プロフィール
日本プロセス株式会社  新規事業部
サヴィオン  ビジネスユニット
磯谷 奈津子

2002年よりサヴィオン事業に参加。現在は営業アシスタントとしてProcessModelerを担当。


この記事の評価をお聞かせください
ボタンをクリックしますとウインドウが開きます。

INDEX
第3回:モデリングツールを使ってBPMを図示化する
BPMサイクルの最初のステップ
  モデリングツール「Savvion ProcessModeler」を使う
  業務プロセスのシミュレーション
  プロセスサマリー
ビジネスプロセスの可視化を実践するBPMS
第1回 BPMの全体像と連載の概要
第2回 システム構築のポイント
第3回 モデリングツールを使ってBPMを図示化する
第4回 Process Modelerの基本を押さえる
第5回 BPM Studioを使ってプロセスを組み立てていく
第6回 BPM Studioを使ってBPMアプリケーションシステムを構築する
第7回 業務フローの可視化